M2J株価指数CFD

株価指数CFDで新しい資産運用を
株価指数CFDで新しい資産運用を

マネースクウェア・ジャパンの投資哲学を株式市場において実現した「M2J株価指数CFD」は、皆さまの資産運用に新しい可能性を提供いたします。

M2J株価指数CFDの商品・サービス案内

CFDとは、Contract For Differenceの略語で「差金決済取引」「証拠金取引」を意味します。

「株価指数CFD(株価指数証拠金取引)」は東京金融取引所に上場されており、2010年にスタートしたばかりの比較的新しい金融商品です(愛称:くりっく株365)。日本の日経225(日経平均株価)のほか、米国のNYダウ(ダウ・ジョーンズ工業株価平均)など海外株価指数を対象とした取引が可能です。

株価指数CFDは、市場を代表する銘柄で構成される株価指数を取引対象としているため、分散投資の効果が期待できます。また、指数と連動した値動きを目指す運用をインデックス投資といい、長期投資に向いているとされています。そのほか株価指数CFDは、「取引期限がない」「ほぼ24時間、祝日も取引可能」「配当相当額が受け取れる」「レバレッジが活用できる」「海外株価指数を取引しても、為替リスクがない」など、機動的な運用条件を備え持ち、従来の金融商品では実現できなかった投資家のニーズにお応えします。

M2Jが株価指数CFDを選んだ理由

「資産運用を通してNIPPONを裕福にする。」というビジョンを掲げるM2Jは、

  • 過去の推移から判断して、長期的視点でみると経済発展とともに株式市場は上昇している傾向がある
  • 株価指数は、株式投資でありながら破たんリスクがない

という特徴に加え、短期から長期まで、あらゆる投資スタンスに対応できる機動的でオールマイティな商品特性は、投資家が資産運用を行う上での大きな武器になると考えました。

また、「くりっく株365」は複数のマーケットメイカーから提示された価格の中で最も有利な価格を提供するという、投資家にとって有利な仕組みを兼ね備えてます。そして、取引所に預託された証拠金は原則として全額保護されるなど、健全かつフェアな投資環境であることが当社理念とマッチすると確認できたことで、2015年12月、株価指数CFDの導入に踏み切りました。

おトクにはじめる!新規口座開設キャンペーン実施中

株価指数CFDで資産運用!新規口座開設キャンペーン

株価指数CFDを用いてNYダウから配当を得る方法とは?

株価指数CFDを用いてNYダウから配当を得る方法とは?

カスタマーデスク

お取引・口座開設に関するご質問はこちら。

0120-455-305(株価指数CFD)(9:00〜17:00 土日を除く)

Q&A お問い合わせはこちら(株価指数CFD)

株価指数CFDをご検討の方へ マネースクウェア・ジャパンはあなたの資産運用のパートナーとして、革新的なアイデアを提供し続けます。
各種取引ツール M2J株価指数CFDでご利用いただく取引ツールについてご案内します。 各種トレードツール
ページトップへ