為替レートの見方

一般に外国為替取引のレート提示は売るときの価格と買うときの価格に差があり、下図のように同時に2つの価格を提示しているレートを2WAY(ツーウェイ)プライスと呼びます。2wayプライスの表示では、売るときの価格をBid(ビッド)、買うときの価格をAsk(アスク)と呼んでいます。例えば、米ドル/円のレートが、Bid=110.541、Ask=110.551と表示されているとき、1ドル=110.541円で売る・1ドル=110.551円で買うことができる仕組みとなります。
また、BidとAskの差(下図の場合は1銭)のことをスプレッドと呼びます。スプレッドはお取引にかかるコストを表しています。

図解