FXのポジションとは

日本語では“持ち高”などと訳されますが、FXでは「(ある)通貨を買っている」「(ある)通貨を売っている」という状況を表す言葉として使われています。

このページでは売り買いのポジションを表す用語や、主な使い方などについてご紹介します。

ロングポジション買いポジション

ロングポジションとは、買いポジションのことです。あるいはポジションを買い越している状態のことを指します。
ロングポジションを保有している場合は、ポジションを保有した時から価格が上昇したときには収益が上がり、逆に価格が下落した時には損失が発生します。

ロングポジション

ショートポジション売りポジション

ショートポジションとは、売りポジションのことです。あるいはポジションを売り越している状態のことを指します。
ショートポジションを保有している場合は、ロングポジションとは逆にポジションを保有した時から価格が下落した時に収益が上がり、逆に価格が上昇したときには損失が発生します。

「持っていないものを先に売る(空売り)」ことができることもFXの大きな特徴です。売り買い両方の注文ができることで、さまざまな相場に臨機応変に対応し、売買のチャンスを狙うことができます。

ショートポジション

ポジションに関連する用語と主な使い方

ポジション
外国為替の持ち高のこと。建て玉ともいう。
買い注文を行った通貨を持ち越している状態、あるいは売り注文を行った通貨を持ち越している状態のことも含む。
「米ドル/円が上がると思ったので、ドル買いポジションを増やしてみたよ。」
ロングポジション
買いポジションのこと。買い越している状態のこと。
「カナダドル/円のロングポジションは、来月のGDP(国内総生産)を見てからどう売買するか判断しよう。」
ショートポジション
売りポジションのこと。売り越している状態のこと。
「ギリシャ問題が再燃しつつあるようだし、ユーロ/円はショートポジションにしておいたよ。」
スクエア(ポジション)
ポジションがないこと。売りと買いのポジション量が同じ状態のこと。
「政策金利の変更があるかもしれないので、一部の英ポンド/円の買いポジションを決済して、スクエアにしておいたよ。」
ネットポジション
買いと売りのポジションを差し引きした純ポジションのこと。
「シカゴIMMの円ポジションは、円ショートから円ロングを引いた残高が円ネットポジションだよ。」
ポジションメイク
新たにポジションを作ること。
「豪ドル/円のポジションメイクのタイミングは、主に移動平均線での分析を用いています。」
ポジション調整
ポジションの量や配分を調整するための売買。
「NZドル/円の下落は、要人の発言が原因ではなく、連休前のポジション調整の売りが原因だと思うよ。」
ショートカバー
ショートポジションを買い戻すこと。
「ドルショートカバーが入ったので、ドル円は大幅に上昇しました。」