FXのスプレッドとは

FXには「買い注文に対応する価格(=Ask/Offer)」と「売り注文に対応する価格(=Bid)」の2種類の価格があります。この価格の差をスプレッド (Spread=価格差、広がり)といいます。

一般的に、売買が活発な(=流動性が高い)通貨ペアほどスプレッドが狭くなり、同じ通貨ペアでも時間帯や相場環境によって変動することがあります。スプレッドが通常より広い場合は、FX取引のリスクである流動性リスクが高い状況が考えられ、相場の急変動を含めて取引には十分に注意が必要です。

この価格差がスプレッド