FXの証拠金とは

少しのおカネで大きな取引が可能

FXは通貨を取引するもの。
その取引に要する資金が“証拠金”と呼ばれています。

投資家Aさん・Bさんの取引例を用いて、証拠金をご説明します。

BさんはAさんと同じように、1豪ドルが80円のとき「まだまだ上がるだろう」と考えていました。
ただ残念ながらBさんは、Aさんのように80万円という資金を持ち合わせてはいなかったのです。

FXにおける取引の例図

しかし証拠金という仕組みを使えば、80万円というおカネは必要ありません。
なぜならFXには「取引総代金がいらない」という大きな特徴があるからです。

とはいえ、まったくおカネが要らないワケではありません。
ではいったい、いくらの資金があればいいのでしょうか。

FXでは取引総代金の4%、上記の例であれば取引総代金が80万円ですから、その4%(80万円×0.04⇒)の32,000円 という資金があれば、BさんはAさんとまったく同じ取引をスタートすることができます。

この32,000円を必要証拠金と呼びます。

FXにおける取引の例図
FXの証拠金とは

証拠金制度のメリットは「投資効率の向上」

上記の例のように、AさんとBさんがまったく同じ取引をスタートさせたとしましょう。
最終的にはふたりとも10万1,000円という利益が出たことになりますが、AさんとBさんを比べてみてください。

AさんとBさんの利益を表にした図

Aさんは80万円の資金を使って、10万1,000円の利益を得た。元本比なら約12%の利益となります。
しかし一方で、Bさんはわずか32,000円の資金しか用意していないのに、10万1,000円を得ています。
元本比だと、約315%!!これはすごい数字ですよね。

このようにFXの証拠金という仕組みを用いると、投資効率の向上を図ることができます。

こちらもスワップ(金利差)と同様にFXが選ばれる大きな理由のひとつですが、行き過ぎればハイリスク・ハイリターンの取引となり、 大きな損失をも招きかねません。