一般的な注文(FX)

ストリーミング注文

現在の価格で取引をする注文方法です。すぐに買いたい/売りたいときに利用します。

図解

指値注文

取引の価格を指定(予約)する注文方法です。
現在の価格ではなく、「今より安くなったら買う」「今より高くなったら売る」取引をしたい、というときに利用します。
注文が成立していなければ(設定したレートに価格が達していなければ)、何度でも修正やキャンセルが可能です。
※修正できるのは注文金額(=注文量)以外

例① 今のレートよりも下の水準で買いたい(その水準で反転すると予想)
図解
例② 買いポジションを持っているときに、今のレートよりも上の水準で売りたい(利益確定)
図解

逆指値注文

取引の価格を指定(予約)する注文方法です。
基本的な特徴は指値注文と同じですが、指値とは逆に、「今より高くなったら買う」「今より安くなったら売る」取引をしたい、というときに利用します。

一般的には「安く買う」「高く売る」ことで利益をねらいますが、逆指値注文はその逆で、主に損失を確定させたり、トレンドが出た場合にレートを追いかけるときなどに利用します。

例① 損失を限定したい(ストップロス)
図解
例② トレンドを追いかけたい
図解

OCO注文

OCOは、“One Cancel the Other”の略で、「ふたつの注文を出して、そのうちのひとつが成立すればもう一方が自動的にキャンセルされる」という注文方法です。

現在のレートから上下両方に指値あるいは逆指値を注文しておくことで、利益確定と「もしも」に備えたストップロスの双方を設定することができます。

例① 買いポジションを持っているときに、利益確定とストップロスの双方を指定
図解
例② レンジをどちらに抜けるか分からないが、トレンド発生を予想したとき
図解

IFD(イフダン)注文

IFD(イフダン)とは、英語の「if done」のことです。
ifは「もし」、doneはFXの世界で「成立」を意味します。つまりIFD注文は「○○円で買えたら、そのあと××円で売りたい」といった、ふたつの注文を一度に出すことができる注文方法です。
こちらは「どちらかが成立したらもう片方がキャンセルされる」OCO注文とは異なり、IFD注文は新規と決済の組み合わせで利用します。

例① 今より下がったところで買い、ある水準まで上がったら売る
図解

トレールストップ

トレールとは「追いかける」「ついていく」という意味です。レートの変動に伴い、逆指値注文も自動的に修正されます。一度設定すれば常に相場をウォッチし、逆指値が修正されます。

「利益を伸ばしたいけれど、万が一の時はきっちりと利益を確保したい」
「相場が大荒れの時、それに巻き込まれないようにしたい」
そんなときにはぜひ「トレールストップ」をご利用ください。

【例】トレール値幅を30ポイント(銭)に設定した場合

トレールストップの機能

  1. ステップ(1)

    現在レート:90.00円
    90.00円の買いポジションを持っています。
    決済注文として89.50円売り(トレールストップ)を出しました。

  2. ステップ(2)

    現在レート:90.30円(レートが30ポイント(銭)上昇しました。)
    売り決済のトレールストップの価格が89.50円⇒89.80円に自動的に変更されます。

    ※現在レートが30ポイント(銭)上昇する前にレートが89.50円になった場合、 ステップ(2)には進みません(以下同様です)

  3. ステップ(3)

    現在レート:90.60円(レートが30ポイント(銭)上昇しました。)
    売り決済のトレールストップの価格が89.80円⇒90.10円に自動的に変更されます。

  4. ステップ(4)

    現在レート:90.90円(レートが30ポイント(銭)上昇しました。)
    売り決済のトレールストップの価格が90.10円⇒90.40円に自動的に変更されます。

  5. ステップ(5)

    現在レート:90.40円(レートが下落し、90.40円になりました。)
    売り決済のトレールストップの価格は90.40円のまま変わらず、注文が成立します。

※スリッページが発生する場合がございます。また上記例では手数料は考慮されておりません。