FXのレバレッジとは

FXでは証拠金の仕組みを用いることで、預けた金額以上の取引を行うことができます。

レバレッジとは、預けた資金の何倍の取引をしているかを示す、“倍率”のことです。

たとえば100万円を預けて、2万ドル(1ドル=100円とした場合、約200万円)の取引を行った場合は、200万円÷100万円=レバレッジ2倍の取引と呼ぶことができます。

FXによる取引の例

このように、レバレッジを効かせることにより少ない資金で大きな取引を行うことができることがFXの大きな長所です。

大きな取引ができるということは、利益も多くなる反面、損失の発生も大きくなるため、時には預け入れた証拠金以上の損失額が発生してしまうこともあるので注意が必要です。

スキャルピングは儲からない?

FXのデイトレーダーに人気の取引手法として、スキャルピングという手法があります。
スキャルピングとは、数銭から数十銭というわずかな利幅を狙い、1日に何度も取引を行って利益を積み重ねる超短期売買手法です。スイングトレード(短中期売買)やデイトレード(短期売買)よりも、更に短期間/薄利狙いであることが特徴です。

取引の例

狙う利幅が極端に狭いという特徴から、一般的に高いレバレッジをかけて取引に臨むと言われています。

スキャルピングは、比較的予想しやすい中長期の経済変動等を無視して、五分五分の勝負を瞬間的に、かつ延々と続けるようなものです。

「ランダムウォーク理論」に基づくと、五分五分の勝負であれば、巨大なカジノに挑むギャンブラーは最後には必ず破産します。

FX取引に置き換えると、短期で売買するほど(勝負の回数が増えるほど)、高レバレッジであるほど(1回の掛け金が大きいほど)、ロスカット(破産)に近づくと言うことができるかもしれません。

資産を増やすため、資産を運用するために始めたはずのFX取引で、個人投資家は投資元本を毀損し取引継続が困難になってしまうケースが多いという実情になっています。

マネースクエアは、投機的なハイリスク・ハイリターンなお取引を推奨しません。ミドルリスク・ミドルリターンでバランスのとれた、ゆったりと中長期的に資産運用を行う投資スタイルをお薦めします。