マネースクエアのお客様の4つの特徴

堅実に資産を増やしているお客様の多くは、かつて「もうFXはやらない」と思った方でした。

マネースクエアのお客様の大多数が、コツコツと堅実な長期運用型のFXとして利用しています。
マネースクエアにいらっしゃる前は、短期的で成行中心の取引によって苦い経験をされた声も少なくありませんでした。
私たちは2002年の創業以来、お客様とともに歩みながら、資産運用としてのFXを徹底的に探求しました。その満足度の高いお客様に共通した4つの特徴をまとめています。
これから口座開設を検討されている方へ、運用方法や期間、資金額の基準としてぜひ参考にしていただければ幸いです。

特徴1.
始めるならオススメは190万円です。

現在お取引中のお客様が、マネースクエアに預けている資産額の平均は約190万円※1でした。ロスカットなどのリスクを下げるためにも、お預けいただく金額は余裕のあるほうが理想的です。

※1 190万円:預り資産残高÷お取引口座数

マネースクエアの平均預り資産残高 190万円(預り資産残高÷お取引口座数)

どこよりも高い、1口座あたりの預り資産残高。

主要FX会社と比較して、マネースクエアのお客様の預り資産残高の平均は際立った高さにあることがわかりました。個人投資家だけでなく、法人の皆様にも信頼いただき安心してご利用いただける取引環境をご用意しております。

1口座あたりの預り資産の平均残高 約53万円(預り資産残高÷総口座数)

出典:一般社団法人金融先物取引業協会(2020年3月)
※各社開示情報および金先協会開示情報より算出。マネースクエアは当社調べ
※2 53万円:預り資産残高÷総口座数

1口座あたりの預り資産の平均残高 約53万円(預り資産残高÷総口座数)
特徴2.
40~50代の方に支持されています。

お取引中のお客様の半数以上が中堅世代といわれる方々です。この方々は資産形成のために資金を集中して活用できる世代といわれています。

マネースクエアのお客様の平均年齢 45歳(2020年3月末)

出典:当社調べ(2020年3月末)

副収入としての資産運用。

マネースクエアのお客様は、証券保有者と比較して、平均年収が 500~1,000万円の方々が多いことがわかりました。取引を収入のメインにするのではなく、仕事に加えて副収入としてFXをご利用いただく方の割合が多い傾向にあります。

マネースクエアのお客様と証券保有者との平均年収比較

出典:日本証券業協会個人投資家へのインターネット調査(2019年12月)
マネースクエアは当社調べ

マネースクエアのお客様と証券保有者との平均年収比較
特徴3.
堅実さの秘密はトラリピ®の活用です。

8割以上のお客様に、トラリピをご利用いただいています。リピート機能による長期運用に向いた発注管理ツールで、投資運用にあまり時間をかけられない方の負担軽減を実現します。

マネースクエアのお客様のFXトラリピ®利用率 84.3%(2019年4月~2020年3月)

出典:当社調べ(2019年4月~2020年3月)

お客様の多くが「長く続けたい」と思っています。

お取引中の口座において、5年以上お取引いただいているお客様が、全体の6割以上です。その平均取引期間は8.5年以上。リスクを下げて、お取引を自動化し、コツコツと利益を積み上げる、続けやすいトラリピでの運用を、ぜひ実感してみてください。

マネースクエアのお客様のFX平均取引期間 8.5年以上(2020年3月末)

出典:当社調べ(2020年3月末)

5倍、レバレッジは低く保つ。

少なくともこの5年間だけ見ても、実質レバレッジも変わらず約5倍を保っています。ロスカットが起こりやすい高いレバレッジのお取引をされているお客様は、ほとんどいらっしゃいません。長期運用を始める際、レバレッジの参考にしてみてください。

※実質レバレッジ算出の対象となる必要証拠金は、当社顧客のポジションおよび指値の双方の証拠金を含みます。

マネースクエアのお客様のFX実質レバレッジの推移 4.9倍(2020年5月現在)

出典:当社調べ(2020年3月)

マネースクエアのお客様のFX実質レバレッジの推移 4.9倍(2020年5月現在)
特徴4.
あの時も、増える口座が多かったです。

通常時は8~9割の口座が毎月預り資産残高を増やしています。しかし、高いレバレッジをメイン取引としている他社とは違い、あのコロナショック時でも、お客様の預り資産残高が増えた口座の割合は6割前後を維持していました。徹底したリスク管理をご提案しています。

分散投資は、リスクヘッジの基本。

長期運用は、いわばリスクヘッジです。店頭市場全体の中でマネースクエアでは通貨ペアを分散しているお客様の割合が多くなっています。投機ではなく「投資」として見た利益とリスクの視点が、私たちを選んでいただく1つのポイントかもしれません。

マネースクエアの預り資産残高増加口座割合(2020年6月~2020年5月)※コロナショック時を含む

出典:当社調べ(2019年6月~2020年5月)

※各月の預り残高の増加口座と減少口座は、各月ともに追加入金額と出金額を除いた証拠金残高前月比の割合(月末残高-前月末残高-入出金額の正負で判断)

マネースクエアの預り資産残高増加口座割合(2020年6月~2020年5月)※コロナショック時を含む

FX店頭市場と当社の
2019年度通貨ペア別取引高割合

2019年度通貨ペア別取引高割合「FX店頭市場」円グラフ
2019年度通貨ペア別取引高割合「マネースクエア」円グラフ

出典:マネースクエア 当社調べ(2019年度累計値)   
店頭市場 金融先物取引業協会統計データ(2019年度累計値)

※2019年度通貨ペア別取引高割合は、当社、店頭市場共に2019年4月~2020年3月の月次データ(円貨ベース)の合計値より算出

FX店頭市場と当社の2019年度通貨ペア別取引高割合の円グラフ
topへ