南アフリカランドの特徴や変動の傾向

南アフリカランドの特徴

資源価格の影響を受けやすい「資源国通貨」

南アフリカは、金やダイヤモンド、プラチナなどの鉱物資源に恵まれており、世界有数の鉱山資源国です。そのため、南アフリカランドは資源国通貨に位置づけられ、金など商品価格に影響を受けやすいのが特徴です。

南アフリカランドは高金利通貨としても知られます。中央銀行であるSARB(南アフリカ中銀)は、インフレ目標を設定しており、前年比の消費者物価指数(CPI)上昇率を+3~6%の範囲内に収めるように政策運営を行っています。したがって、CPIの動向には注目する必要があります。

南アフリカは恒常的な経常赤字体質にあり、資金調達を海外に依存していることから、グローバルな資金移動の影響を受けやすいという特徴があります。

南アフリカランドの為替動向

南アフリカランド/円の月足チャート

南アフリカランドの変動要因

主な上昇要因

国際情勢 リスクオン
金融政策 金融引き締め(観測の高まり)
経済指標 GDPやCPIなど南アフリカの経済指標が市場予想を上回る場合
その他 金など商品価格の上昇

主な下落要因

国際情勢 リスクオフ
金融政策 金融緩和(観測の高まり)
経済指標 南アフリカの経済指標が市場予想を下回る場合
その他 鉱山のスト、金など商品価格の下落、FRBなど主要国中銀の金融引き締め

※上昇要因・下落要因は現在の環境による一般的な目安であり、市場の注目度や見方により真逆の値動きになることがあります。

南アフリカの概要

国・地域名 南アフリカ共和国(Republic of South Africa)
首都 プレトリア
位置 南緯25度44分、東経28度11分(プレトリア)
面積 122万km²
人口 5,742万人 (2017年 IMF)
主要言語 英語、アフリカーンス語、ズールー語 など11言語

南アフリカの経済・貿易データ

経済データ

名目GDP額 3,492億9,900万米ドル(2017年 IMF)
実質GDP成長率 1.3%(2017年 IMF)
1人当りGDP 6,180米ドル(2017年 IMF)
財政赤字 対GDP比 4.62%(2017年 IMF)
消費者物価上昇率 5.3%(2017年 IMF)
失業率 27.5%(2017年 IMF)
経常収支(国際収支ベース) -85億8400万米ドル(2017年 IMF)
貿易収支(国際収支ベース、財) 726億7,800万ランド(2017年 IMF)
外貨準備高 507億2,200万米ドル(2017年 IMF)

貿易データ

輸出額 1兆1747億3,300万ランド(2017年 IMF)
輸入額 1兆1,020億5,500万ランド(2017年 IMF)
輸出品目(上位品目) 貴金属等、鉱物性燃料,化学製品
輸入品目(上位品目) 鉱物性燃料、一般機器、電気機器および同製品
輸出相手国(上位国・地域) 中国、アメリカ、ドイツ、日本、インド
輸入相手国(上位国・地域) 中国、ドイツ、アメリカ、インド

南アフリカの主な祝祭日

★:銀行休業日(JETRO、Bloomberg)

2019年
1月1日 ニューイヤーズ・デー(New Year’s Day)★
3月21日 人権記念日(Human Rights Day)★
4月19日 聖金曜日(Good Friday)★
4月22日 家族の日(Family Day)★
4月27日 自由の日(Freedom Day)★
5月1日 メーデー(Workers’ Day)★
6月16日 青年の日(Youth Day)★
6月17日 青年の日の振替休日(Public Holiday)★
8月9日 全国婦人の日(National Women’s Day)★
9月24日 文化遺産記念日(Heritage Day)★
12月16日 和解の日(Day of Reconciliation)★
12月25日 クリスマス(Christmas Day)★
12月26日 善意の日(Day of Goodwill)★

(データ出所:IMF、外務省、JETRO)

※掲載されているデータ・情報については、万全を期しておりますが、その正確性・安全性等を保証するものではありません。また、掲載されているデータ・情報等は、作成時点におけるものであり、当社は予告なくこれを変更・訂正することがあります。