トルコリラの特徴や変動の傾向

トルコリラの特徴

高金利通貨の代表格

トルコは若い人口が多く、将来にかけて労働力人口の増加が予想されます。また、地理的に欧州とアジアにまたがり、中東にも隣接した要衝にある新興国です。トルコは、東西文化の融合するイスタンブールや奇観で有名なカッパドキアを抱える観光立国でもあり、親日国として知られています。

トルコリラの最大の魅力は、政策金利の高さです。一方で、政策金利が高いということは、インフレ率が高いことの裏返しでもあり、それは購買力平価の観点からみれば、トルコリラに不利に働きます。

トルコは慢性的な経常赤字国であり、国内の資金需要を満たすために、外国からの資金流入に依存しています。そのため、先進国の金融政策の変化など、グローバルな資金流れに影響を与える要因によって、相場変動が大きくなる傾向があります。

投資に際しては、トルコの経済・政治情勢とともに、グローバルな金融情勢にも十分な注意が必要でしょう。

トルコリラの為替動向

トルコリラ/円の月足チャート

トルコリラの変動要因

主な上昇要因

国際情勢 中東の緊張緩和など地政学リスクの後退、欧米諸国との関係改善
政治 政局の安定
金融政策 金融引き締め(観測の高まり)
経済指標 外国人観光客や経常収支などの経済指標が市場予想を上回る場合

主な下落要因

国際情勢 地政学リスクの高まり、欧米諸国との対立
政治 大統領など要人の発言
金融政策 金融緩和(観測の高まり)
経済指標 消費者物価などの指標が市場予想を下回る場合

※上昇要因・下落要因は現在の環境による一般的な目安であり、市場の注目度や見方により真逆の値動きになることがあります。

トルコの概要

国・地域名 トルコ共和国(Republic of Turkey)
首都 アンカラ
位置 北緯39度52分 東経32度52分(アンカラ)
面積 78万0,576km²
人口 8,081万人(2017年 IMF)
主要言語 トルコ語

トルコの経済・貿易データ

経済データ

名目GDP額 8,515億2,100万米ドル(2017年 IMF)
実質GDP成長率 7.4%(2017年 IMF)
1人当りGDP 10,537米ドル(2017年 IMF)
財政赤字 対GDP比 2.27% (2017年IMF)
消費者物価上昇率 11.14%(2017年 IMF)
失業率 10.9%(2017年 IMF)
経常収支(国際収支ベース) -474億3,700万米ドル(2017年 IMF)
貿易収支(国際収支ベース、財) -589億4,900万米ドル(2017年 IMF)
外貨準備高 841億1,500万米ドル(2017年 IMF)

貿易データ

輸出額 1,569億9600万米ドル(2017年 JETRO)
輸入額 1,569億9600万米ドル(2017年 JETRO)
輸出品目(上位品目) 自動車および同部品、機械類、ニット衣類
輸入品目(上位品目) 鉱物性燃料、機械類、自動車および同部品、鉄鋼
輸出相手国(上位国・地域) ドイツ、イギリス、イラク
輸入相手国(上位国・地域) 中国、ドイツ、ロシア

トルコの主な祝祭日

★:銀行休業日(JETRO、Bloomberg)

2019年
1月1日 新年 (New Year’s Day)
4月23日 国民主権と子供の日(Day of National Assembly and Children)
5月1日 労働と統一の日(Labor and Solidarity Day)
5月19日 青年とスポーツの日(Youth and Sports Day)
6月3日 ラマダン明け前夜(Sugar Holiday)
6月4~6日 砂糖祭(Sugar Holiday)
8月10日 犠牲祭前夜(Kurban Bayramı Arifesi)
8月11~14日 犠牲祭(Kurban Bayramı)
8月30日 戦勝記念日(Day of Victory)
10月28~29日 共和国宣言記念日(Republic Day)

(データ出所:IMF、外務省、トルコ国家統計庁、JETRO)

※掲載されているデータ・情報については、万全を期しておりますが、その正確性・安全性等を保証するものではありません。また、掲載されているデータ・情報等は、作成時点におけるものであり、当社は予告なくこれを変更・訂正することがあります。