2020年 新年のご挨拶

2020年1月1日

新年明けましておめでとうございます。

皆様におかれましては、健やかに新春を迎えられたことと、お慶び申し上げます。

2020年を迎え、昨年の世界情勢を振り返りますと、2019年は、米中貿易問題や香港問題があったものの、世界的に低成長・低金利傾向で、為替相場は活気に乏しく、米ドル/円を中心に非常に落ち着いた、まさに「低温相場」が続きました。

日本国内に目を向けますと、景気拡張が戦後最長を記録し、新元号「令和」時代への突入や消費増税などがあったものの世界的なマーケットインパクトを及ぼすには至りませんでした。

当社に関しましては、5月に従来の取引システムの刷新と新通貨メキシコペソ/円を導入し、その後も改良を重ねてトラリピ®の機能拡張や処理速度の大幅な向上を実現いたしました。そして7月にはお客様の相場観(感)に合わせ、より柔軟なトラリピ®の戦略変更を可能にして資産の増大を図っていただくため、創業来の取引手数料を完全に撤廃し、多くのお客様のご期待にお応えするに至りました。その後も11月に決済トレール®のON/OFFや利益額変更などのトラリピ®新機能と新通貨ペア英ポンド/ドルを導入し、「トラリピパワーアップ宣言」を表明しました。さらに、12月には、畠山愛理さんを起用した新しいキャンペーン動画を公開したり、若手アスリート支援のCSR活動として「マネースクエア FXカップ」を開催したりするなど、一年を通じて様々な取り組みを行いました。お客様からはそれぞれご好評賜り、日頃のご愛顧に深く感謝申し上げます。

2020年は、引き続き英国のEU離脱問題や、日本にとって最大のイベントとなる「東京オリンピック・パラリンピック」の開催、トランプ大統領の再選が掛かるアメリカ大統領選挙などの動向が注目されます。

当社は、本年も創業来の当社のアイデンティティともいえる「資産運用としてのFX・CFD」を「進む人の資産運用」として実現すべく、多くのお客様の声に傾聴し、当社独自のテクノロジー「トラリピ®」をさらに進化させながらカスタマーサクセスのさらなる実現を追求いたします。

本年も皆様にとりまして幸多い一年になりますよう祈念するとともに、変わらぬご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

2020年元旦
株式会社マネースクエア
代表取締役社長 藤井 靖之

topへ