【重要】2019年ゴールデンウィーク期間中の相場急変に関する注意喚起のお知らせ

2019年4月12日

お客様各位

株式会社マネースクエア

 

【重要】2019年ゴールデンウィーク期間中の相場急変に関する注意喚起のお知らせ

 

平素は格別のお引き立てを賜り、厚く御礼申し上げます。

天皇の即位の日および即位礼正殿の儀の行われる日を休日とする法律(平成30年法律第99号)が公布・施行されたことに伴い、2019年4月27日(土)から5月6日(月)までが10連休となります。

当該連休中は銀行休業日であることや、国内の株式市場が10日間に渡る長期休場となることなどにより、お客様のお取引に大きく影響する可能性がありますので、下記ご確認の上充分ご注意ください。併せて、金融庁および一般社団法人 金融先物取引業協会、日本証券業協会からの注意喚起をご確認いただきますようお願い申し上げます。

◆金融庁
4月27日から予定される大型連休について
https://www.fsa.go.jp/news/30/20190322-2/20190322-2.html

◆一般社団法人 金融先物取引業協会
10連休中の外国為替証拠金取引に関する投資家の皆様への注意喚起
http://www.ffaj.or.jp/info_20190319.html

◆日本証券業協会
本年の10連休に関する証券会社との取引の留意点について
http://www.jsda.or.jp/shinchaku/holidays/index.html

◎相場急変に備えて

連休期間中に外国為替市場または株価指数CFD市場が急変した場合、流動性低下に伴いスプレッドが拡大する可能性があるほか、通常通りに証拠金の追加入金ができず、保有ポジションが強制ロスカットされることで大きな損失が発生するリスクがあります。

また、相場状況によってはロスカット水準と離れた水準で決済され、預託した証拠金を上回る損失が発生(口座残高がマイナスになり、マイナス分を入金する必要があります。)する可能性もあるほか、お客様がご利用の金融機関、また当社提携金融機関のインターネットバンキングサービス等の提供時間が通常とは異なるため、お客様が必要と判断した際に速やかな入金ができず、相場変動によりロスカットが執行される等の可能性があります。つきましては、あらかじめ追加資金のご入金やポジションの縮小による維持率の向上、現在レートから大幅に乖離している新規指値の取消しなどご検討くださいますようお願いいたします。

追加のご入金が困難な場合、随時ポジションの縮小、あるいは強制ロスカットよりも早めのストップロス注文を発注いただくことで損失の限定を図る、追加の新規注文を手控えるなどのご対応も併せてお勧めいたします。

※ ストップロス注文は逆指値注文のため、オープンレートがストップロス注文のレートと乖離している場合や値飛びがおこった場合には想定外の損失が発生する可能性は排除できませんので、ご注意ください。

なお、ロスカットリスクを回避するために両建て取引を行った場合、経済合理性に欠くお取引であるだけでなく、スプレッドの拡大により口座状況が悪化し、ロスカットが執行される、また差し入れた証拠金を上回る損失が生じる可能性を排除することはできませんのでご注意ください。

以下にゴールデンウィーク10連休中のサービス稼働状況や連休期間中のお問い合わせの受付、入出金に関するご注意事項、受渡し日に関するご案内を記載いたしますので、併せてご参照ください。

 

ゴールデンウィーク10連休中のサービス稼働状況

ゴールデンウィーク10連休中のサービス稼働状況

※ 画像をクリックすると拡大表示されます。
※1 メンテナンス時間中は各種サービスをご利用いただけませんのでご注意ください。メンテナンスのスケジュールについては下記よりご確認ください。
※2 4月26日(金)17時以降にクイック入金の反映が失敗した場合、5月7日(火)9時以降の反映となります。

定時メンテナンス

M2JFX:https://www.m2j.co.jp/guide/rule_tradetime.php

M2J株価指数CFD:https://www.m2j.co.jp/cfd/guide/rule_tradetime.php#maintenance

臨時メンテナンス:取引ツールログイン画面の下部、および取引ツール内のお知らせにてご確認いただけます。

◎連休期間中のお問い合わせについて

上記表の通り、カスタマーデスクでは4月29日(月)、5月2日(木)、5月6日(月)の9時から17時はお問い合わせの受付を行います。
なお、プレミアムデスクにつきましては、ゴールデンウィーク10連休中も土日を除きお問い合わせの受付をしております。

※プレミアムデスクにご登録のお電話番号からのみおつなぎできますが、海外からのお電話はおつなぎできませんのでご注意ください。

◎通常入金について

銀行窓口、ATM、ネットバンキングを介しての入金につきましては、4月26日(金)の17時までに当社で入金確認ができない場合、5月7日(火)午前9時以降のお取扱いとなります。

なお、振込人名義に相違がある場合などは、入金処理が行われないこともございますので、お振込みの際は振込人名義、および、ユーザーID(M2J株価指数CFDの場合のみ)をご確認の上、お手続きいただきますようお願いいたします。

(ご参考)https://qa.m2j.co.jp/faq/show/3152?site_domain=default

◎クイック入金について

クイック入金(当社取引画面を介しての入金)は、多くの銀行で通常通りご利用できますが、各銀行によりご利用可能時間が異なる可能性があります。詳しくは各銀行の公式サイトでお確かめください。

(ご参考)https://qa.m2j.co.jp/faq/show/3152?site_domain=default

※ 通信状況等利用環境によりクイック入金がエラーとなった場合、金融機関によっては着金確認が連休明けの5月7日(火)以降となりますのであらかじめご了承くださいますようお願いいたします。

 

クイック入金取扱金融機関一覧

クイック入金取扱金融機関一覧

※ 当社ならびに提携金融機関のメンテナンス時間中はご利用いただけません。

【クイック入金ご利用時の注意事項】

・最後まで処理を行い完了済みであることを確認して画面を閉じてください。
・クイック入金は即時入金を保証するものではございません。
・入金の反映が翌営業日以降になることがございます。
・異名義入金、クイック入金エラー等により判定時刻において取引口座への金額の反映が間に合わなかった場合は強制ロスカットの対象となります。
・これらの入金エラー回避のため、連休前のご入金を強くお勧めします。
・お振込名義はM2JFX、M2J株価指数CFDの口座と同一名義に限ります。
・振込名義人名と取引口座名義人名に相違があった場合には、入金完了後および売買発生後であったとしても、該当のご入金を取消しさせていただきます。
・なお、ご返金に伴う手数料に関しましては、お客様のご負担とさせていただきます。

【クイック入金がエラーになりうる代表的な原因】

ご入金処理の途中で画面右上にある「閉じる」ボタンを押して終了すると、リアルタイムで入金が反映されません。必ず完了を確認して画面を閉じてください。
また、エラー等によりリアルタイム反映されなかった場合、当社にて着金の確認が取れ次第反映いたします。

※ クイック入金の処理がエラーになった場合は、銀行が休業しているため確認が取れません。そのため、口座反映が翌銀行営業日である5月7日(火)の午前9時以降となる場合もあります。

ご入金完了後に入金額がお取引口座に反映されなかった場合は、文末のカスタマーデスクまでご連絡ください。

◎出金について

M2JFXの場合、
4月25日(木)午前5時59分までの出金予約は4月26日(金)に出金されます。
4月25日(木)午前6時00分以降の出金予約は5月7日(火)以降に出金取扱いとなります。

※ M2J株価指数CFDの出金につきましては出金予約の翌銀行営業日に登録金融機関に出金いたします。

◎受渡し日について

ゴールデンウィーク期間中は各国の休場により受渡し日が通常と大きく異なりますので、下記に一覧をご案内いたします。
スワップカレンダーと併せてご確認ください。

(ご参考)https://www.m2j.co.jp/guide/m2jfx_swap.php

 

ゴールデンウィーク前後の受渡し日一覧

ゴールデンウィーク前後の受渡し日一覧※ 画像をクリックすると拡大表示されます。

本件につきましてご不明な点などございましたら、カスタマーデスクまでお問い合わせください。

カスタマーデスク
0120-455-512(FX) (9:00~17:00土日祝除く)
0120-455-305(株価指数CFD) (9:00〜17:00 土日祝除く)

以上