M2JFX操作ガイド

目次

はじめに

ごあいさつ

いつも当社の外国為替証拠金取引 M2JFX をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。システム環境の充実と、常にご満足いただけるサービスをご用意して、お客様の資産運用をサポートさせていただきます。 新たな「投資の広場(マネースクエア)」にご期待ください。

本ガイドの内容について

本ガイドでは、お取引画面の操作方法をご案内いたします。 - 本ガイドにおける外国為替証拠金取引に関する記述は、お取引に際しての情報を提供する目的で書かれたものであり、お取引の利益を保証するものではございません。 - 本ガイドの一部または全部を、株式会社マネースクエアの許可なく複製することを禁じます。 - 本ガイドの内容は予告なく変更することがございます。 - トラップトレード®、リピートイフダン®、トラップリピートイフダン®(トラリピ®)、ダブルリピートイフダン®、らくらくトラリピ®(らくトラ®)、決済トレール®は、株式会社マネースクエアHDの登録商標です。

オンライン取引ご利用の前に

オンライン取引をご利用いただくための動作環境はこちら - 推奨解像度は幅1280以上になります。お使いの環境の解像度の設定をご確認ください。 - ブラウザの拡大縮小機能を利用されていると、画面が正しく表示されない場合がございます。ブラウザの拡大縮小機能を100%にしてご利用ください。

オンライン取引を快適にご利用いただくために

オンライン取引画面を快適にお使いいただくには、コンピュータのリソースが十分に確保されている必要があります。使用していないアプリケーションを終了する、他に開いているブラウザのタブを閉じるなど、取引を行うのに十分なリソースが確保できているか、ご確認をお願いいたします。

M2JFXご利用に関するセキュリティ情報

M2JFXでは、お客様IDとパスワードによる認証に加えて、個人情報や取引内容が漏洩されないように、現在インターネットの世界で最も広く利用されている暗号化技術SSL(Secure Sockets Layer)を利用して暗号化を施しています。

ログイン/ログアウト

ログイン

  1. 取引画面へのログインは当社ウェブサイトhttps://www.m2j.co.jp/から行います。

  2. 「M2JFX ログイン」を選択すると、お客様IDとパスワードを入力する画面が表示されますので、ご自身のIDとパスワードを入力し、「M2JFX ログイン」を選択します。

    ※ログインに関する注意事項
    一定回数以上ログインに失敗すると、ログインができなくなります。

  3. お客様IDとパスワードが正しければ、マイページ画面が表示されますので、マイページ画面の「トレードログイン」を選択します。

  4. 取引画面が表示されたらログイン完了です。

ログアウト

  1. ナビゲーションのお客様のお名前を選択します。

  2. 「ログアウト」を選択すると、ログアウトされアプリケーションが終了します。ログアウト完了画面が表示されますので、「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

取引画面の概要

画面構成

M2JFXの取引画面は以下のパーツで構成されています。

  1. ナビゲーションメニュー
  2. M2JFXの各種機能を呼び出します。各ナビゲーションの機能は以下の通りです。

    ナビゲーション 説明
    取引 お取引を行うときに選択します
    チャート M2JFXチャートを表示します
    マーケット マーケット情報やスワップカレンダーを表示します
    シミュレーション シミュレーションを利用するときに選択します
    ヘルプ チュートリアル、お客様サポート、操作ガイドを表示します
    お客様名 登録内容変更、ユーザー設定、ログアウトを行うときに選択します

  3. レート
  4. M2JFXにおける取引通貨ペアの現在レートを表示しています。
    各通貨ペアの詳細については取引通貨ペア一覧よりご確認ください。

  5. 取引メニュー
  6. M2JFXで取引をする際の各機能を呼び出します。
    各メニューの操作については取引画面のメニュー(機能)よりご確認ください。

  7. コンテンツ表示
  8. ナビゲーションメニューや取引メニューの操作に応じてコンテンツを表示する領域です。

通貨ペアの表記について

M2JFXの取引画面で英語表記されている通貨ペアについて、取引通貨ペア一覧をご参照ください。
こちらはM2JFXのみならず、インターバンク市場(銀行間取引市場)でも用いられている統一の表現ですので、おぼえておくと便利です。

取引画面のメニュー(機能)

ナビゲーションの「取引」を選択することで、取引トップ画面が表示されます。

取引画面には以下のメニューが画面の左側にあります。

取引トップ

取引トップでは口座状況や取引集計状況を確認できます。


  1. 口座状況
  2. 項目 説明
    維持率 口座にどれだけ余力があるかを「%」で表示します。
    この数値が大きいほど口座内の余力があることを表します。
    計算式「時価残高 ÷ 証拠金必要額(内ポジション分) × 100」
    実質レバレッジ 時価残高に対して実質何倍のレバレッジで取引しているかを表示します。
    基本的に、維持率が上がれば実質レバレッジの値は下がります。
    計算式「取引総代金 ÷ 時価残高」
    現金残高 当社に入金した金額に実現損益、スワップを加減した値を表示します。
    入出金額はメニュー内「入出金管理」、実現損益はメニュー内「成立履歴一覧」から確認できます。
    外貨も円換算して表示します。
    口座反映前損益 決済により確定した売買損益のうち、まだ実現損益として現金残高に反映されていない値を表示します。
    受渡し日(決済の2営業日後)を迎えると「口座反映前損益」から消え、「現金残高」に反映されます。
    評価損益 保有ポジションを現在レートで評価した見積り損益額を表示します。手数料も考慮されています。
    現在レートで全ポジションを決済した場合の損益額の目安になります。
    時価残高 口座の時価に相当する金額を表示します。
    現在レートで全ポジションを決済した場合に手元に残る金額の目安になります。
    計算式「現金残高 + 口座反映前損益 + 評価損益」
    東京15時ロスカット 東京15時ロスカットが執行される水準を表示します。
    15時の時点で時価残高がこの水準を下回る(維持率が100%を下回る)と東京15時ロスカットが執行されます。
    自動ロスカット 自動ロスカットが執行される水準を表示します。
    時価残高がこの水準を下回ると自動ロスカットが執行されます。
    維持率は、個人口座の場合は80%、法人口座の場合は100%を下回る水準となります。
    証拠金必要額 保有ポジションおよび、指値等発注されている未成立の注文に対し、必要な証拠金必要額を表示します。
    計算式「証拠金必要額(内指値分) + 証拠金必要額(内ポジション分)」
    余剰残高 追加で発注可能な金額(証拠金ベース)を表示します。
    取引状況によっては「-(マイナス)」になる場合もあります。
    計算式「時価残高 - 証拠金必要額」
    出金予約 出金依頼をかけている金額を表示します。出金依頼後、円貨の場合は原則銀行の2営業日後、
    外貨の場合は3営業日後に登録金融機関へ出金されます。
    出金手続き完了後に「出金予約」から消え、「現金残高」から引かれます。
    当日スワップ 本日付与されたスワップ額を表示します。すでに現金残高に反映されています。
    スワップは原則、新規成立の3営業日後から決済成立の2営業日後まで付与があります。

  3. 通貨ペア集計取引状況
  4. 項目 説明
    証拠金必要額 保有ポジションおよび、指値等発注されている未成立の注文に対し、必要な証拠金必要額を表示します。
    計算式「証拠金必要額(内指値分) + 証拠金必要額(内ポジション分)」
    内ポジション分 保有ポジション対し、必要な証拠金必要額を表示します。
    内指値分 指値等発注されている未成立の注文に対し、必要な証拠金必要額を表示します。

  5. 通貨別の口座残高
  6. 項目 説明
    現金残高 当社に入金した金額に実現損益、スワップを加減した値を表示します。通貨に合わせた単位で表示されます。
    両替予約 両替により確定した金額を表示します。
    受渡し日(両替成立の2営業日後)を迎えると現金残高に反映されます。
    両替元通貨は「-(マイナス)」で表示されます。
    ポジション両替予約 ポジション両替により確定した金額を表示します。
    受渡し日(ポジション両替成立の2営業日後)を迎えると現金残高に反映されます。
    ポジション両替元通貨は「-(マイナス)」で表示されます。
    出金予約 出金依頼をかけている金額を表示します。出金依頼後、円貨の場合は原則銀行の2営業日後、
    外貨の場合は3営業日後に登録金融機関へ出金されます。
    出金手続き完了後に「現金残高」から引かれます。

取引トップ 操作方法

  1. ログイン時に表示される画面です。ナビゲーションの「取引」または取引メニューの「取引トップ」を選択して表示します。
  2. メニューが開閉します。
  3. 通貨ペア集計取引状況で、「詳細を全て表示」を選択することで通貨ペア集計取引状況が全て開きます。各「詳細」を選択すると選択した通貨ペアの詳細が表示されます。
  4. 通貨ペア集計取引状況で売買の「▶」または「ポジション一覧を表示」を選択すると、ポジション一覧へ遷移し、選択した通貨ペアのポジションが表示されます。
  5. 「成立履歴を表示」を選択すると、成立履歴画面へ遷移し、選択した通貨ペアの成立履歴が表示されます。
  6. 画面の横幅がたりないときは、「▶」が表示されます。「▶」を選択すると、横にスクロールします。各画面で共通の操作になります。
  7. 損益と残高の推移の「為替差損益」「スワップ損益」「現金残高」「時価残高」「入出金累計」を選択することで、資産推移チャートの表示/非表示を切り替えることができます。


注文の出し方

新規注文の出し方

新規注文は、取引メニューの「新規注文」またはレートから注文できます。
トラップリピートイフダン®(トラリピ®)注文、らくらくトラリピ®(らくトラ®)注文は、初心者向けのウィザードタイプの発注画面からも注文できます。取引メニューの「トラリピ」または「らくトラ」を選択します。
※レートを選択して注文するとき、反対売買が可能なポジションを保有している場合は決済注文になりますのでご注意ください。

新規注文 成行

成行注文を出すには次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「新規注文」を選択します。新規注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「成行」を選択します。 ※デフォルトは成行が選択されています。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 注文金額を入力します。1,000通貨単位からお取引が可能で、1,000通貨の場合0.1と入力します。お取引単位は取引概要をご参照ください。
  5. 成行許容値幅を設定します。
    ※注文価格優先で、許容値幅を設定したくない場合は、「0ポイント」を選択してください。約定優先で、注文価格より10ポイント以内の成立を許容する場合は、「10ポイント以内」を選択してください。
  6. 「確認する」を選択します。
  7. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※通貨ペア、注文金額、注文価格、許容値幅などをご確認ください。
    ※成行は、注文を出した瞬間に成立しますので、選択間違いにはご注意ください。
    ※証拠金が不足している場合は、その旨表示されます。
  8. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    成立履歴画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※週末には指値のみ受付可能です。

新規注文 指値・逆指値

指値・逆指値を用いた新規注文を出すには次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「新規注文」を選択します。新規注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「指値」または「逆指値」を選択します。
    ※現在より高いレートで買い注文を出したい場合、もしくは安いレートで売り注文を出したい場合は、逆指値をご利用ください。
    ※反対売買可能なポジションがある場合、新規で指値・逆指値注文が成立すると両建てとなり、経済合理性を欠く取引となる恐れがありますのでご注意ください。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 注文金額を入力します。1,000通貨単位からお取引が可能で、1,000通貨の場合0.1と入力します。お取引単位は取引概要をご参照ください。
  5. 注文価格を入力します。
  6. 有効期限を選択します。
    ※有効期限は、「無期限」「当日限」「週末限」「期限指定」からお選びください。
    ※「期限指定」を行うには、「期限指定」を選択すると、期日を指定するカレンダーが表示されますので、有効期限を指定します。
  7. 「確認する」を選択します。
  8. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※証拠金が不足している場合は、その旨表示されます。
  9. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    指値(修正・取消)一覧画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※口座状況の変化により、注文に必要な証拠金が不足した場合は、未成立の新規注文は自動的にキャンセルされます。

決済注文の出し方

決済注文は、取引メニューの「決済注文」、「ポジション」またはレートから注文できます。

決済注文 成行

成行注文を出すには次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「決済注文」を選択します。決済注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「成行」を選択します。 ※デフォルトは成行が選択されています。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 注文画面に決済が可能なポジションが一覧で表示されます。
    決済したいポジションにチェックをすると、決済対象として指定することができます。
  5. 成行許容値幅を設定します。
    ※注文価格優先で、許容値幅を設定したくない場合は、「0ポイント」を選択してください。約定優先で、注文価格より10ポイント以内の成立を許容する場合は、「10ポイント以内」を選択してください。
  6. 「確認する」を選択します。
  7. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※通貨ペア、注文金額、注文価格、許容値幅などをご確認ください。
    ※成行は、注文を出した瞬間に成立しますので、選択間違いにはご注意ください。
  8. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    成立履歴画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※週末には指値のみ受付可能です。

決済注文 指値・逆指値

指値・逆指値の決済注文を出すには次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「決済注文」を選択します。決済注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「指値」または「逆指値」を選択します。
    ※現在より高いレートで買い注文を出したい場合、もしくは安いレートで売り注文を出したい場合は、逆指値をご利用ください。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 注文画面に決済が可能なポジションが一覧で表示されますので、決済したいポジションにチェックをし、決済対象として指定します。
  5. 注文価格を入力します。
  6. 有効期限を選択します。
    ※有効期限は、「無期限」「当日限」「週末限」「期限指定」からお選びください。
    ※「期限指定」を行うには、「期限指定」を選択すると、期日を指定するカレンダーが表示されますので、有効期限を指定します。
  7. 「確認する」を選択します。
  8. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※通貨ペア、注文金額、注文価格、有効期限などをご確認ください。
  9. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    指値(修正・取消)一覧画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。

決済注文 トレールストップ

トレールストップ注文の説明はこちら

トレールストップ注文を出すには、次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「決済注文」を選択します。決済注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「トレールストップ」を選択します。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 注文画面に決済が可能なポジションが一覧で表示されますので、決済したいポジションにチェックをし、決済対象として指定します。
  5. 注文価格を入力します。
  6. 設定したいトレール値幅を入力します。
    ※レートが、注文した時のレートから、設定した値幅(=トレール値幅)分有利な方に上下すると、注文価格が追随してお客様に有利に設定値幅分だけ変更されます。
  7. 有効期限を選択します。
    ※有効期限は、「無期限」「当日限」「週末限」「期限指定」からお選びください。
    ※「期限指定」を行うには、「期限指定」を選択すると、期日を指定するカレンダーが表示されますので、有効期限を指定します。
  8. 「確認する」を選択します。
  9. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※通貨ペア、注文金額、注文価格、有効期限などをご確認ください。
  10. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    指値(修正・取消)一覧画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。

応用注文の出し方

新規注文/決済注文 IFD(イフダン)

IFD(イフダン)注文とは、「もし○○円で買えたら△△円になった時に売る」というように、売り買い双方の注文が一度で出来る注文です。
IFD注文を出すには、次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「新規注文」または「決済注文」を選択します。新規注文の出し方はこちら。決済注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「IFD(イフダン)」を選択します。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 決済注文 IFD(イフダン)は、注文画面に決済が可能なポジションが一覧で表示されますので、決済したいポジションにチェックをし、決済対象として指定します。
  5. 新規注文 IFD(イフダン)は、注文金額を入力します。1,000通貨単位からお取引が可能で、1,000通貨の場合0.1と入力します。お取引単位は取引概要をご参照ください。
  6. 注文価格と執行条件を入力します。
  7. 有効期限を選択します。
    ※有効期限は、「無期限」「当日限」「週末限」「期限指定」からお選びください。
    ※「期限指定」を行うには、「期限指定」を選択すると、期日を指定するカレンダーが表示されますので、有効期限を指定します。
  8. 「確認する」を選択します。

  9. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※証拠金が不足している場合は、その旨表示されます。

  10. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。


    指値(修正・取消)一覧画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※口座状況の変化により、注文に必要な証拠金が不足した場合は、未成立の新規注文は自動的にキャンセルされます。

新規注文 RIFD(リピートイフダン)

リピートイフダン とは、イフダンが自動的に何度でもくり返される独自注文です。一度の発注で、手間をかけずにくり返し利益をねらうことができます。

新規注文・買のRIFD(リピートイフダン)のイメージ
無期限 2回
新規注文・売のRIFD(リピートイフダン)のイメージ
無期限 2回

RIFD(リピートイフダン)注文の説明はこちら

RIFD(リピートイフダン)注文を出すには、次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「新規注文」を選択します。新規注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「RIFD(リピートイフダン)」を選択します。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 注文金額を入力します。1,000通貨単位からお取引が可能で、1,000通貨の場合0.1と入力します。お取引単位は取引概要をご参照ください。
  5. 注文価格を入力します。
  6. リピート回数を選択します。
    ※リピート回数は、「無制限」「2回」のいずれかを選択ください。
  7. ストップロス価格の設定有無を選択します。
    設定する場合は、チェックをしてストップロス価格を入力します。
  8. 「確認する」を選択します。
  9. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※証拠金が不足している場合は、その旨表示されます。
  10. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    指値(修正・取消)一覧画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※口座状況の変化により、注文に必要な証拠金が不足した場合は、未成立の新規注文は自動的にキャンセルされます。
    ※ストップロスとなった注文は、自動取り消しされ、以降リピートされません。

新規注文 トラップトレード

トラップトレード とは、相場に罠(トラップ)を仕掛けるように複数の注文を等間隔で一度に発注できる独自注文です。相場を点で予想せず、面(範囲)で捕らえて予想の負担を軽減します。

新規注文・買のトラップトレードのイメージ
指値 逆指値
新規注文・売のトラップトレードのイメージ
指値 逆指値

トラップトレード注文の説明はこちら

トラップトレード注文を出すには、次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「新規注文」を選択します。新規注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「トラップトレード」を選択します。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 注文金額を入力します。1,000通貨単位からお取引が可能で、1,000通貨の場合0.1と入力します。お取引単位は取引概要をご参照ください。
    ※全ての注文が均一の注文金額となります。
  5. スタート価格を入力します。
    スタート価格とは、想定する等間隔の指値の中で、最も現在レートに近い指値の価格を指します。
  6. トラップ本数(指値の数)を入力します。
    ※1回の注文で最大25本まで指定可能です。
  7. トラップ値幅を入力します。
    トラップ値幅とは、指値と指値の間隔を指します。
  8. 有効期限を選択します。
    ※有効期限は、「無期限」「当日限」「週末限」「期限指定」からお選びください。
    ※「期限指定」を行うには、「期限指定」を選択すると、期日を指定するカレンダーが表示されますので、有効期限を指定します。
  9. ストップロス価格の設定有無を選択します。
    設定する場合は、チェックをしてストップロス価格を入力します。
    ※発注した全てのイフダンに対して適用されます。
  10. 「確認する」を選択します。
  11. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※証拠金が不足している場合は、その旨表示されます。
  12. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    指値(修正・取消)一覧画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※口座状況の変化により、注文に必要な証拠金が不足した場合は、未成立の新規注文は自動的にキャンセルされます。

新規注文 トラップIFDおよびトラリピ(トラップリピートイフダン)

トラップIFDとは、トラップトレードで発注した注文全てにイフダン機能を組み合わせた注文方法です。
トラップリピートイフダンとは、リピートイフダンを等間隔で一度にまとめて(トラップトレード)仕掛ける独自注文です。値動きを面(範囲)で予想し、手間をかけずに利益をくり返しねらいます。

新規注文のトラリピ(トラップリピートイフダン)のイメージ
新規注文・買・指値 新規注文・売・指値

トラリピ(トラップリピートイフダン)注文の説明はこちら

トラリピ(トラップリピートイフダン)注文を出すには、次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「新規注文」を選択します。新規注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「トラップリピートイフダン」を選択します。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 注文金額を入力します。1,000通貨単位からお取引が可能で、1,000通貨の場合0.1と入力します。お取引単位は取引概要をご参照ください。
    ※全ての注文が均一の注文金額となります。
  5. スタート価格と執行条件を入力します。
    スタート価格とは、想定する等間隔の指値の中で、最も現在レートに近い指値の価格を指します。
  6. トラップ本数(指値の数)を入力します。
    ※1回の注文で最大99本まで指定可能です。
  7. トラップ値幅を入力します。
    トラップ値幅とは、指値と指値の間隔を指します。
  8. 利益金額を入力します。
    利益金額とは「イフダン1本あたりいくらの利益をねらうか」を入力する項目です。
  9. 決済トレールを設定する場合はチェックします。機能の説明は決済トレールをご参照ください。
    ※トラップIFDは決済トレールを設定することができません。
  10. トラリピ(トラップリピートイフダン)注文の有効期限は自動的に「無期限」が設定されます。
    ※トラップIFDは有効期限を選択します。
    ※有効期限は、「無期限」「当日限」「週末限」「期限指定」からお選びください。
    ※「期限指定」を行うには、「期限指定」を選択すると、期日を指定するカレンダーが表示されますので、有効期限を指定します。
  11. ストップロス価格の設定有無を選択します。
    設定する場合は、チェックをしてストップロス価格を入力します。
    ※発注した全ての注文に対して適用されます。
  12. 「確認する」を選択します。
  13. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※証拠金が不足している場合は、その旨表示されます。
  14. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    指値(修正・取消)一覧画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※口座状況の変化により、注文に必要な証拠金が不足した場合は、未成立の新規注文は自動的にキャンセルされます。
    ※ストップロスとなった注文は、自動取り消しされ、以降リピートされません。

新規注文 らくらくトラリピ(らくトラ)

従来のトラリピ注文では、現在レートを考慮した上でスタート価格やトラップ本数、トラップ値幅(⇒イフダンを何円おきに並べるか)などの設定条件を全てご入力いただく必要がありました。
らくらくトラリピ(らくトラピ)を使えば、現在レートを考慮することなく、仕掛けたいレンジに仕掛けたい本数をご指定いただくだけで「トラップ値幅」「指値・逆指値の別」を自動計算して、トラリピ注文をらくらく発注することが可能になります。

新規注文のらくらくトラリピ(らくトラ)のイメージ


らくらくトラリピ(らくトラ)注文の説明はこちら

らくらくトラリピ(らくトラ)注文を出すには、次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「新規注文」を選択します。新規注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「らくらくトラリピ」を選択します。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 注文金額を入力します。1,000通貨単位からお取引が可能で、1,000通貨の場合0.1と入力します。お取引単位は取引概要をご参照ください。
    ※全ての注文が均一の注文金額となります。
  5. 仕掛けたいレンジの注文価格と執行条件を入力します。
  6. トラップ本数(指値の数)を入力します。
    ※1回の注文で最大99本まで指定可能です。
  7. 利益金額を入力します。
    利益金額とは「イフダン1本あたりいくらの利益をねらうか」を入力する項目です。
  8. 決済トレールを設定する場合はチェックします。機能の説明は決済トレールをご参照ください。
  9. トラリピ(トラップリピートイフダン)注文の有効期限は自動的に「無期限」が設定されます。
  10. ストップロス価格の設定有無を選択します。
    設定する場合は、チェックをしてストップロス価格を入力します。
    ※発注した全ての注文に対して適用されます。
  11. 「確認する」を選択します。
  12. 確認画面が表示され、トラップ値幅が自動計算されます。よろしければ「注文する」を選択します。
    ※証拠金が不足している場合は、その旨表示されます。
  13. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    指値(修正・取消)一覧画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※口座状況の変化により、注文に必要な証拠金が不足した場合は、未成立の新規注文は自動的にキャンセルされます。
    ※ストップロスとなった注文は、自動取り消しされ、以降リピートされません。

新規注文/決済注文 OCO(オーシーオー)

OCO(オーシーオー)注文とは、同順位の 2 つの指値あるいは逆指値を同時に出し、一方の注文が成立したら、他方の注文が自動的にキャンセルされる注文方法です。

OCO注文を出すには、次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「新規注文」または「決済注文」を選択します。新規注文の出し方はこちら。決済注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「OCO(オーシーオー)」を選択します。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 決済注文 OCO(オーシーオー)は、注文画面に決済が可能なポジションが一覧で表示されますので、決済したいポジションにチェックをし、決済対象として指定します。
  5. 新規注文 OCO(オーシーオー)は、注文金額を入力します。1,000通貨単位からお取引が可能で、1,000通貨の場合0.1と入力します。お取引単位は取引概要をご参照ください。
  6. 注文価格と執行条件を入力します。
  7. 有効期限を選択します。
    ※有効期限は、「無期限」「当日限」「週末限」「期限指定」からお選びください。
    ※「期限指定」を行うには、「期限指定」を選択すると、期日を指定するカレンダーが表示されますので、有効期限を指定します。
  8. 「確認する」を選択します。

  9. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※証拠金が不足している場合は、その旨表示されます。

  10. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。


    指値(修正・取消)一覧画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※口座状況の変化により、注文に必要な証拠金が不足した場合は、未成立の新規注文は自動的にキャンセルされます。

新規注文 成行OCO

成行OCO(オーシーオー)注文はこちら

成行OCO注文を出すには、次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「新規注文」を選択します。新規注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「成行OCO(オーシーオー)」を選択します。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 注文金額を入力します。1,000通貨単位からお取引が可能で、1,000通貨の場合0.1と入力します。お取引単位は取引概要をご参照ください。
  5. 成行許容値幅を設定します。
    ※注文価格優先で、許容値幅を設定したくない場合は、「0ポイント」を選択してください。約定優先で、注文価格より10ポイント以内の成立を許容する場合は、「10ポイント以内」を選択してください。
  6. 注文価格#1が成立後のOCO価格を注文価格#2、#3に入力します。
    ※OCO条件(注文価格#2,注文価格#3)は少なくとも1つは選択してください。
  7. 注文価格#2、#3の有効期限を選択します。
    ※有効期限は、「無期限」「当日限」「週末限」「期限指定」からお選びください。
    ※「期限指定」を行うには、「期限指定」を選択すると、期日を指定するカレンダーが表示されますので、有効期限を指定します。
  8. 「確認する」を選択します。
  9. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※通貨ペア、注文金額、注文価格、許容値幅などをご確認ください。
    ※成行は、注文を出した瞬間に成立しますので、選択間違いにはご注意ください。
    ※証拠金が不足している場合は、その旨表示されます。
  10. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。
    ※注文価格#1が即座に成立します。
    ポジション一覧画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※週末には指値のみ受付可能です。

新規注文/決済注文 IFO(イフダンオーシーオー)

IFO注文とは、第1順位の注文が成立した後、自動的に第2順位のOCOが有効となる注文方法です。

IFO注文を出すには、次の順序で操作します。

  1. 取引メニューから「新規注文」または「決済注文」を選択します。新規注文の出し方はこちら。決済注文の出し方はこちら
  2. 注文方法に「IFO(イフダンオーシーオー)」を選択します。
  3. 通貨ペアを選択します。
  4. 決済注文 IFO(イフダンオーシーオー)は、注文画面に決済が可能なポジションが一覧で表示されますので、決済したいポジションにチェックをし、決済対象として指定します。
  5. 新規注文 IFO(イフダンオーシーオー)は、注文金額を入力します。1,000通貨をお取引する場合、0.1と入力します。お取引単位は取引概要をご参照ください。
  6. 注文価格#1、#2、#3と執行条件を入力します。
  7. 有効期限を選択します。
    ※有効期限は、「無期限」「当日限」「週末限」「期限指定」からお選びください。
    ※「期限指定」を行うには、「期限指定」を選択すると、期日を指定するカレンダーが表示されますので、有効期限を指定します。
  8. 「確認する」を選択します。

  9. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※証拠金が不足している場合は、その旨表示されます。

  10. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    指値(修正・取消)一覧画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※口座状況の変化により、注文に必要な証拠金が不足した場合は、未成立の新規注文は自動的にキャンセルされます。

両替注文の出し方

証拠金を使った取引だけでなく、M2JFXではお預かりの資金をほかの通貨に両替することも可能です。両替には“通常の両替”と“ポジション両替”があり、成行注文もしくは指値注文がご利用いただけます。両替を利用できる通貨は取引通貨ペア一覧をご参照ください。

通常の両替

  1. 取引メニューから「両替」を選択します。
  2. 両替元、両替先の通貨を選択します。
  3. 両替先通貨の必要額を注文金額に入力します。
  4. 執行条件を選択します。執行条件は、成行注文もしくは指値注文が選択できます。
    ※指値は、1,000通貨以上から注文可能です。
  5. 成行注文を選択した場合、成行許容値幅を設定します。
    ※注文価格優先で、許容値幅を設定したくない場合は、「0ポイント」を選択してください。注文成立優先で、注文価格より10ポイント以内の成立を許容する場合は、「10ポイント以内」を選択してください。
  6. 指値注文を選択した場合、注文価格、有効期限を入力します。
    ※有効期限は、「無期限」「当日限」「週末限」「期限指定」からお選びください。
    ※「期限指定」を行うには、「期限指定」を選択すると、期日を指定するカレンダーが表示されますので、有効期限を指定します。
  7. 「確認する」を選択します。

  8. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※成行注文を選択した場合、両替する通貨、注文金額、注文価格、許容値幅などをご確認ください。
    ※成行は、注文を出した瞬間に成立しますので、選択間違いにはご注意ください。
  9. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    成行注文を選択した場合、成立履歴画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    指値注文を選択した場合、指値(修正・取消)画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※週末には指値のみ受付可能です。

ポジション両替

  1. 取引メニューから「ポジション両替」を選択します。
  2. 現物として受け取りたいポジションにチェックします。
  3. 「ポジション両替」を選択します。
  4. 決済金額に現物として受け取りたい金額を入力します。
  5. 「確認する」を選択します。
  6. 確認画面が表示されますので、よろしければ「注文する」を選択します。
    ※通貨ペア、注文金額、注文価格などをご確認ください。
    ※ポジション両替は、注文を出した瞬間に成立しますので、選択間違いにはご注意ください。
  7. 受付画面が表示されたら、注文は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    成立履歴画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※取引停止中は注文が受け付けされません。
    ※週末には指値のみ受付可能です。

注文内容の確認、注文を修正する、取り消す

以下の一覧で注文内容を確認できます。

ポジション一覧

現在保有しているポジションを一覧で確認することができます。

  1. 取引メニューから「ポジション」を選択します。
  2. 通貨ペア、売買で絞込を行えます。絞込をしたい通貨ペア、売買を指定して、「検索」を選択します。
  3. ポジションに対して決済の指値注文がある場合、「指値有」と表示されます。選択すると指値(修正・取消)一覧画面へ遷移します。
  4. 「スワップ累計」を選択すると、スワップが計算されます。
  5. 表の各項目を選択すると、一覧がソートされます。
  6. 1ページに表示する件数を選択します。

指値一覧

現在出している注文を確認することができます。また修正や取消の操作を行うことができます。

  1. 取引メニューから「指値(修正・取消)」を選択します。
  2. 通貨ペアで絞込を行えます。絞込をしたい通貨ペアを指定して、「検索」を選択します。
  3. 表の各項目を選択すると、一覧がソートされます。
  4. 1ページに表示する件数を選択します。

注文を修正する

  1. 注文を修正するには、修正を選択し、修正したい注文をチェックします。
    「修正」を選択すると注文修正画面が表示されます。
  2. 修正後「確認する」を選択します。
  3. よろしければ「修正する」を選択します。
  4. 受付画面が表示されたら、修正は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    指値(修正・取消)画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。
    ※応用注文はひとつずつしか修正いただけません。
    ※一部の応用注文(決済トレールを設定したトラリピ、OCO、IFO)は修正機能をご利用いただけません。当該注文を取消した後、再注文をお願いいたします。

注文を取り消す

  1. 注文を取り消すには、取消を選択し、取り消ししたい注文をチェックします。
    全て取り消したいときは、一覧の項目をチェックします。 「取消」を選択すると注文取消確認画面が表示されます。
  2. よろしければ「取り消す」を選択します。
  3. 受付画面が表示されたら、取り消しは完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

    指値(修正・取消)画面が表示されますので、注文内容をご確認ください。

注文履歴

これまで注文した履歴を確認することができます。

  1. 取引メニューから「注文履歴」を選択します。
  2. 通貨ペア、期間で絞込を行えます。絞込をしたい通貨ペア、期間を指定して、「検索」を選択します。
    期間はプルダウンまたはカレンダーで指定できます。
  3. 表の各項目を選択すると、一覧がソートされます。
  4. 1ページに表示する件数を選択します。
  5. 各注文を選択すると、注文履歴詳細画面が表示されます。

成立履歴

これまで成立した履歴を確認することができます。

  1. 取引メニューから「成立履歴」を選択します。
  2. 通貨ペア、売買および期間で絞込を行えます。絞込をしたい通貨ペア、売買および期間を指定して、「検索」を選択します。
    期間はプルダウンまたはカレンダーで指定できます。
  3. 表の各項目を選択すると、一覧がソートされます。
  4. 1ページに表示する件数を選択します。
  5. 各注文を選択すると、注文履歴詳細画面が表示されます。

入出金

クイック入金

クイック入金とは、当社提携金融機関でインターネットバンキングのご契約をされているお客様がご利用いただけるオンライン入金方法です。※円のみ対応しております。
送金手数料がかからない(当社負担)、24時間即時反映というメリットもございます。
クイック入金をご利用いただける銀行はこちら

クイック入金をご利用いただくには、次の手順で操作します。

  1. 取引メニューから「入出金管理」を選択します。
  2. 「クイック入金」を選択します。
  3. 銀行を選択します。
  4. 「入金額」を入力します。
    ※1万円以上から入金可能です。
  5. 「次へ」を選択します。
  6. ご利用の金融機関のサイトが別画面で開きますので、各画面の指示に従って入金処理を行ってください。
  7. 金融機関のサイトにて入金処理を行います。
    ※入金処理の完了後、必ず「閉じる」ボタンをクリックして、入出金管理画面にて入金状況をご確認ください。

クイック入金に関する注意事項はこちら

M2Jからの出金

出金・全額出金の予約をするためには次の手順で操作します。

  1. 取引メニューから「入出金管理」を選択します。
  2. 「出金」を選択します。
  3. 出金する通貨を選択します。
    ※残高のない通貨は表示されません。
  4. 出金額を入力します。
  5. 全額出金する場合は、「全額出金する」を選択します。
    ※出金額を指定する必要はございません。
  6. 「確認する」を選択します。
  7. 確認画面が表示されますので、よろしければ「出金」を選択します。
  8. 完了画面が表示されたら、出金予約は完了です。「閉じる」を選択して画面を閉じてください。

報告書を出力する

以下の報告書をPDF形式で出力できます。PDF形式で表示するためにはAcrobat Readerが必要です。

  • 取引報告書
  • 入出金確認書
  • 四半期報告書
  • 残高総括表

報告書を出力するためには次の手順で操作します。

  1. 取引メニューから「報告書」を選択します。
  2. 出力したい報告書を選択します。
  3. プルダウンまたはカレンダーで出力したい期間を設定します。
  4. 「ダウンロード」を選択します。
  5. ダウンロードが完了すると、報告書が出力されます。例は残高総括表です。

トラリピを管理する

らくトラ、トラリピの詳しい解説、新規注文方法は、それぞれ らくトラトラリピ の説明をご参照ください。

トラリピ管理表

トラリピ管理表の説明はこちら

トラリピ戦略モデル

トラリピ戦略モデルの説明はこちら

各種設定

ユーザー設定

  1. 取引メニューから「ユーザー設定」またはナビゲーションのお客様のお名前を選択します。
  2. 注文設定では、主に新規注文の初期値を設定できます。
  3. 検索設定では、ポジション一覧等の一覧で1ページに表示される件数を設定できます。
  4. 表示設定では、文字の大きさおよび背景色を選択できます。

レート設定

  1. レート設定を開きます。
  2. 「✓」マークを選択することで通貨ペアの表示/非表示を切り替えます。
  3. 通貨ペアの表示順を設定します。「三」マークを選択して左右に移動します。
  4. 通貨ペアの設定を登録します。

チャート画面

チャートの起動方法

ナビゲーションの「チャート」を選択することで、チャートが表示されます。

チャート画面の構成と操作方法

チャート画面の構成は以下です。

  1. 分割を選択することで複数のチャートを表示できます。
  2. 表示するチャートの通貨ペアを選択します。通貨ペアは、取引通貨ペア一覧をご参照ください。
  3. 表示するチャートの売買を選択します。
  4. チャートの種類を選択します。「ローソク足」「BAR」「Line」「Point&Figure」から選択します。
  5. 足を選択します。
  6. 表示する期間を選択します。

トレンドラインを引く

  1. アイコンを選択します。
  2. トレンドラインを選択するとトレンドライン描画モードになります。トレンドラインを引きます。
  3. 並行線は、コピーしたいトレンドラインを選択し、選択したトレンドラインの線上に表示される「十」マークの上にカーソルを置き、コピーを選択します。選択したトレンドラインの横にコピーされます。

フィボナッチを引く

  1. アイコンを選択します。
  2. フィボナッチを選択するとフィボナッチ描画モードになります。フィボナッチを引きます。

トレンドラインを1本ずつ削除する

  1. トレンドライン描画モードにします。
  2. 削除したいトレンドラインを選択し、選択したトレンドラインの線上に表示される「十」マークの上にカーソルを置きます。
  3. 削除を選択します。

フィボナッチを1本ずつ削除する

  1. フィボナッチ描画モードにします。
  2. 削除したいフィボナッチを選択し、選択したフィボナッチの線上に表示される「十」マークの上にカーソルを置きます。
  3. 削除を選択します。

トレンドライン、フィボナッチをまとめて削除する

  1. 描画モードにします
  2. 「削除」を選択します
  3. 「トレンドラインを全削除」「フィボナッチを全削除」「全て削除」から選択します。

十字線

1.アイコンを選択し、十字線描画モードにします。チャートにカーソルを乗せると十字線が表示されます。

補助線、サブチャートを表示する

  1. 設定を選択します。
  2. 補助線またはサブチャートを選択します。

チャートの状態を保存する

以下の状態が保存されます。

  • 通貨ペア、Bid/Ask、足、分割、各種設定、トレンドライン、フィボナッチ

チャート画面の設定

チャート設定で以下の項目が設定できます。

  1. データ取得件数
  2. デザイン
  3. Point&Figureの値
  4. 補助線の各値。値を初期値に戻すには、値の横の矢印を選択します。
  5. サブチャートの各値。初期値に戻すには、値の横の矢印を選択します。
  6. 全ての値を初期値に戻すには、「初期値に戻す」を選択します。

シミュレーション

シミュレーション機能とは

シミュレーション機能を用いることで、お取引を様々な点から試算することができます。 レートが変わった場合、新しくポジションを保有した場合、保有しているポジションを決済した場合、入金(出金)した場合などに口座状況や維持率の変化や、XX日後のスワップの目安を簡単にご確認いただけます。

※当機能は、あくまで仮想取引を行うためのものであり、実際の相場環境により実勢値と異なる場合がございますので、ご注意ください。

ナビゲーションから「シミュレーション」を選択すると、別ウィンドウでシミュレーション画面が表示されます。

ナビゲーション

シミュレーション画面では以下の操作が行えます。

これらの機能をひとつひとつ見てみましょう。

レートを変更してみる

こちらの機能ではレートが変動した際に維持率や損益がどのように変化するのかを試算することができます。

  1. 「レートを変更してみる」を選択します。
  2. 変更後に表示されているレートのBIDもしくはASKを変更し 「登録する」ボタンをクリックします。
    ※スプレッドの数値を変更することによりBID/ASKのスプレッド幅を変更することができます。
  3. シミュレーションレートが変更されレート状況に基づいた口座状況が表示されます。

レートを一括で変更する方法もご案内します。

  1. 対象となる通貨ペアの左側にあるチェックボックスにチェックを入れます。
  2. 変動幅を入力し「上げる」「下げる」ボタンをクリックすることで一括でレートを変更できます。変更後、「登録する」ボタンをクリックします。

入金・出金をしてみる

こちらの機能では入金や出金をした際に維持率などがどのように変化するのかを確認することができます。

  1. 「入金・出金をしてみる」を選択します。
  2. 通貨、入金・出金の別を選択します。
  3. 金額を入力し「登録する」ボタンをクリックします。
  4. シミュレーション現金残高に反映され残高に基づいた口座状況が表示されます。

ポジションを持ってみる

こちらの機能では新規にポジションを保有した際に口座状況がどのように変化するのかを試算することができます。

  1. 「ポジションを持ってみる」を選択します。
  2. 注文形式、通貨ペア、売買を選択します。
  3. 注文形式に応じて条件を入力し「確認する」ボタンをクリックします。
  4. 入力内容を確認し「登録する」ボタンをクリックします。
  5. シミュレーション上のポジションが追加されポジション量に基づいた口座状況が表示されます。

ポジションを決済してみる

こちらの機能ではシミュレーション上で保有しているポジションを決済した際に口座状況がどのように変化するのかを試算することができます。

  1. 「ポジションを決済してみる」を選択します。
  2. 通貨ペア、売買を選択すると画面右側に対象ポジションが表示されます。
  3. 決済するポジションにチェックを入れます。
  4. 決済金額を入力し「確認する」ボタンをクリックします。
  5. 入力内容を確認し「登録する」ボタンをクリックします。
  6. ポジションが決済され取引結果に基づいた口座状況が表示されます。

日数を進めてみる

こちらの機能ではポジションを保有した状態で日数が経過しスワップを授受した際に口座状況がどのように変化するのかを試算することができます。

  1. 「日数を進めてみる」を選択します。
  2. 経過させる日数を入力し登録するをクリックします。
  3. 日数の経過により授受されたスワップが現金残高へ反映され残高に基づいた口座状況が表示されます。

指値・逆指値注文一覧をみる

こちらでは実際のお取引にて発注されている注文を一覧で確認することができます。
注文はシミュレーション上でレートを動かすことにより成立させることができ、レートが変動した際のポジション状況、口座状況を試算することができます。
※リピート機能はありません。

指値・逆指値注文一覧

注文を取り消す方法をご案内します。

  1. 取り消したい注文にチェックマークを入れ「取消」ボタンをクリックします。
  2. 確認画面が表示されるので「はい」をクリックします。
  3. 注文が取り消されます。

ポジション一覧をみる

こちらではシミュレーション上で保有しているポジションを一覧で確認することができます。
評価損益はシミュレーションレートを基に表示されているため、レートを変更した際の各ポジションの評価損益を確認することができます。

ポジション一覧

全ての指値・逆指値を取消す

こちらではシミュレーションに反映されている指値・逆指値注文を全て取消すことができます。
『指値・逆指値注文一覧をみる』メニューより注文内容をご確認いただき、発注されている注文を取り消しポジションを手動で決済したい場合などにご利用ください。

  1. 「全ての指値・逆指値を取消す」を選択します。
  2. 確認画面が表示されるので「はい」をクリックします。
  3. 全ての注文が取り消されます。

シミュレーションをやり直す

シミュレーションは操作ごとに履歴として表示され、操作を取り消して別のシミュレーションを試すことができます。

「削除」ボタンをクリックした履歴以降の操作履歴を削除し一定の段階からシミュレーションをやり直すことができます。

また、全てのシミュレーション履歴を削除し最初からシミュレーションをやり直すこともできます。

  1. 「全てやり直してみる」を選択します。
  2. 入力内容を確認し「はい」ボタンをクリックします。

必ずお読みください

当社サービスに関しての注意事項

株式会社マネースクエア
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2797号 【加入協会】日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会