マネーすくすく  FX運用応援マガジン! トップコンテンツ一覧

外為キーワード

「マネタリーベース」とは? -「異次元緩和策」とは?-

で、「異次元緩和策」って何ですか?

従来は「金融緩和=政策金利を下げる」でしたが、
もう金利は引き下げられない水準に近づいています。

そこで、「金融緩和=マネタリーベースを増やす」方針に
日銀は変えたんだネー。下の図をみるんだネー。

今後の「マネタリーベース」の増え方が、
従来の“次元”とは異なるペースになっているでしょ?

うわっ!今後の「マネタリーベース」の増え方がっ…!
まさに“異次元”…って感じですね。


 
 「異次元緩和」のイメージ

 

「マネタリーベース」の今後の増加ペースが、金融緩和の効果を一段と
高めると市場は連想したから、一気に“円安”も進んだんだネ−。

でも、金融緩和の効果で景気回復期待が高まるなら、
やっぱり“円高”になると思うんだけど…。

そこで、次の図です。
これは日・米・ユーロ圏「マネタリーベース」と、
それらの国・地域の「実質実効為替レート」を示したモノです。


 
 日・米・ユーロ圏の各種データ比較

 

上段の「マネタリーベース」を見ると、米国の増加が
目立ちますね。日本はチョッピリだ。

下段の「実質実効為替レート」と比べると、
米国の「マネタリーベース」が急増した2008年頃
から
円高になっているんだネー。

本当だ。そして最近は、日本の「マネタリーベース」の増加
合わせて円安が進んでいますね。

「マネタリーベース」の増減が、為替相場に影響するのが、
コレでお分かりかしら?

市場で流通する資金量が増えると、
その通貨の価値が下がる。

すなわち“通貨安”が進むって解釈なんだネー。

なるほどー。

そして、「マネタリーベース」「為替相場」の相関を示した
「ソロスチャート」も紹介しましょう。次ページをご覧ください。



「ソロスチャート」とは? >>



第26話 「デリバティブ」とは?
2014-01月号
第25話 「経常収支」とは?
2013-12月号
第24話 「CPI(消費者物価指数)」とは?
2013-11月号
第23話 「PMI」とは?
2013-10月号
第22話 「長期金利・短期金利」とは?
2013-09月号
第21話 「シャドーバンキング」とは?
2013-08月号
第20話 「GDP」とは?
2013-07月号
第19話 「マネタリーベース」とは?
2013-06月号
第18話 「ヘッジファンド」とは?
2013-05月号
第17話 「G20」とは?
2013-04月号
第16話 「日銀」とは?
2013-03月号
第15話 「予算教書」とは?
2013-02月号
第14話 「リフレ」とは?
2013-01月号
第13話 「ISM」とは?
2012-12月号
第12話 「財政の崖」とは?
2012-11月号
第11話 「ECB」とは?
2012-10月号
第10話 「FOMC」とは?
2012-09月号
第09話 「QE3」とは?
2012-08月号
第08話 「リスク・オン リスク・オフ」とは?
2012-07月号
第07話 「ポジション」とは?
2012-06月号
第06話 「デフレ・インフレ」とは?
2012-05月号
第05話 「格付け」とは?
2012-04月号
第04話 「雇用統計」とは?
2012-03月号
第03話 「介入」とは?
2012-02月号
第02話 「スプレッド」とは?
2012-01月号
第01話 「円高」とは?
2011-12月号

FX取引をご検討の方へ
M2JFXで「資産運用としてのFX」をはじめませんか?ポイントプログラム、キャンペーンなど特典も盛りだくさんです。