マネーすくすく  FX運用応援マガジン! トップコンテンツ一覧

外為キーワード

リスク・オンとリスク・オフって何ですか?


まずは、以下の2つの図を見てください。
「主な投資対象」「主な通貨」における
「リスク」と「リターン」を図にしました。


 
(図2)

主な投資対象のリスク・リターン


 
 
(図3)
主な通貨のリスク・リターン

 

上にいくと「リスクが大きい」
下にいくと「リスクが小さい」ってことなんだなー。

そして横軸が「リターン」なので、右上にあるほど
「ハイ・リスク/ハイ・リターン」ってことですね。

そうです。図2でいうと、例えば景気が良い時などは、
原材料価格の上昇や企業業績の好転を期待して、
「商品」や「株式」などへ高いリターンを求めて積極的にリスクを取りに行く、
いわゆる「ハイ・リスク/ハイ・リターン」の投資行動が増えます。

おおーっ!納得なんだなー。

反対に景気が悪化すると、
原材料価格の下落や企業業績の悪化を見越して
「債券」や「現金」等へ低いリターンでも良いから安全性をより重視した投資、
いわゆる「ロー・リスク/ロー・リターン」の投資行動が増えます。

なるほどー!確かにそうですね。

あれ?でもニュースでは「リスク・オフ=円高が進む」っていってたけど・・・、
外国にも「債券」や「現金」はあるから、
『わざわざ円を買う理由』は無い気がするんだな。
そこはつじつまが合わないんだなー。

それについては、図3を見てください。
特に、ここ1〜2年の傾向として、「米ドル」と「日本円」が
“比較的安全”とされる資産
に位置付けられているのがその理由です。
日本や米国の「国債」を買うために円やドルが上昇したのです。

「米ドル」は基軸通貨だから“安全”っていわれても
何となく分かるけど、「円」はどうしてなんだろう?

日本が経常黒字国であり、かつ世界最大の債権国である
というのが理由の1つです。
あとは、「ユーロなどの他の主要通貨と
“比べてみれば安全な通貨”」

という消去法的な理由もあるようですね。

そういう意味での“安全通貨”なんですね。

要するに「まだ円を買ったほうがマシ」ってことなんだなー。
それなら「リスク・オフ=円買い」の理由も納得なんだなー。

A子さん、今回もありがとうございました。勉強になったんだなー。

それは良かったですね。
いつでも質問を待っていますよ。




第26話 「デリバティブ」とは?
2014-01月号
第25話 「経常収支」とは?
2013-12月号
第24話 「CPI(消費者物価指数)」とは?
2013-11月号
第23話 「PMI」とは?
2013-10月号
第22話 「長期金利・短期金利」とは?
2013-09月号
第21話 「シャドーバンキング」とは?
2013-08月号
第20話 「GDP」とは?
2013-07月号
第19話 「マネタリーベース」とは?
2013-06月号
第18話 「ヘッジファンド」とは?
2013-05月号
第17話 「G20」とは?
2013-04月号
第16話 「日銀」とは?
2013-03月号
第15話 「予算教書」とは?
2013-02月号
第14話 「リフレ」とは?
2013-01月号
第13話 「ISM」とは?
2012-12月号
第12話 「財政の崖」とは?
2012-11月号
第11話 「ECB」とは?
2012-10月号
第10話 「FOMC」とは?
2012-09月号
第09話 「QE3」とは?
2012-08月号
第08話 「リスク・オン リスク・オフ」とは?
2012-07月号
第07話 「ポジション」とは?
2012-06月号
第06話 「デフレ・インフレ」とは?
2012-05月号
第05話 「格付け」とは?
2012-04月号
第04話 「雇用統計」とは?
2012-03月号
第03話 「介入」とは?
2012-02月号
第02話 「スプレッド」とは?
2012-01月号
第01話 「円高」とは?
2011-12月号

FX取引をご検討の方へ
M2JFXで「資産運用としてのFX」をはじめませんか?ポイントプログラム、キャンペーンなど特典も盛りだくさんです。