トラリピ向き通貨ペア「豪ドル/NZドル(オージーキウイ)」

※トラリピ利用者数No.1:2022年6月3日時点でトラリピ注文がある口座のうち、
豪ドル/NZドルのトラリピ注文がある口座の割合が53.8%(取扱い16通貨ペア中No.1)

オージーキウイ豪ドル/NZドルでトラリピ運用するなら
「ダイヤモンド戦略」がおすすめ!

相性GOOD!ポイント1

相場の上がりすぎ
や下がりすぎで
悔しい思いを
してきた皆様へ

狭いレンジで値動きが多い

つまり、リスクを抑えやすくリピートしやすいがぅ!

ともにオセアニア地域の通貨である
「豪ドル」と「NZドル」は相関関係が強いため、
「豪ドル/NZドル」は狭い値幅でのレンジ相場を
形成しやすいという特徴があります。

  • 2015年1月~2022年4月の高低差

    (単位:pips)

    2015年1月~2022年4月の高低差

    高低差が狭いと評価損失(リスク)は抑えやすいがぅ。

    • 米ドル/円、豪ドル/円、NZドル/円は1円を100pips、豪ドル/米ドル、NZドル/米ドル、豪ドル/NZドルは0.01米ドル(NZドル)を100pipsとして換算。
    • 同じポジション量の場合、高低差が狭いとレンジ内での評価損失(リスク)は抑えやすくなります。
  • 100pipsあたり総推移

    (2015年1月~2022年4月)

    100pipsあたり総推移

    この値が大きいと一定値幅で頻繁に上下に動くことを表すから、リピート回数が多くなるがぅ。

    • 総推移:期間内における日足の高低差を合計した数値。
    • 100pipsあたり総推移:100pipsの値幅内でどの程度の総推移があったのかがわかるもの(総推移÷高低差で算出。小数点第2位以下は切り捨て)で値動きの多さを判断する指標の1つ。

豪ドル/NZドル(週足終値)

豪ドル/NZドルの17年間の値動きを振り返ってみましょう。
2011年あたりまではニュージーランドに比べオーストラリアの利上げ傾向が強く、個人投資家を中心とした豪ドル買いの人気が継続、対NZドルで豪ドルの上昇傾向が続きました。それ以降は、景気回復によってニュージーランドの株式市場がオーストラリア株式市場よりも堅調傾向になり、対NZドルで豪ドルは下落傾向となりました。しかし2015年以降、15年8月のチャイナショックによりオーストラリア、ニュージーランドの景気が悪化。金融政策は維持もしくは緩和が続きました。
その後はコロナ禍を経て世界的なインフレ傾向が強まる中で、欧米と同様にオーストラリア、ニュージーランドも金融政策を引き締めに転換し始めました。今後も両国の金融政策は同じ方向性が続くことが予想されています。
よって、豪ドル/NZドルは直近7年のレンジが続く可能性が高いと考えられます。

オージーキウイ豪ドル/NZドルでトラリピ運用するなら
「ダイヤモンド戦略」がおすすめ!

相性GOOD!ポイント2

ショック相場で
痛い思いを
してきた皆様へ

ショック相場に強い

つまり、ロスカットになりにくいがぅ!

「豪ドル/NZドル」は、
ブレグジットやコロナショックなどの
いわゆる「ショック相場」においても
影響を受けづらいという特徴があります。

  • ショック相場時の1か月間の変動率

    コロナショック (2020年3月)

    コロナショック
  • ショック相場時の1か月間の変動率

    アップルショック (2019年1月)

    アップルショック
  • ショック相場時の1か月間の変動率

    トランプショック (2016年11月)

    トランプショック
  • ショック相場時の1か月間の変動率

    ブレグジット (2016年6月)

    ブレグジット
  • ショック相場時の1か月間の変動率

    チャイナショック (2015年8月)

    チャイナショック

ショック相場による急騰・急落は、トラリピを仕掛けているレンジを逸脱して設定のやり直しが必要になったり、最悪の場合はロスカットになってしまうおそれがあります。
豪ドル/NZドルは他の通貨ペアと⽐べてショック相場における変動率が低いため、ショック相場の影響を受けにくく、レンジの逸脱やロスカットの可能性が低いと⾔えます。 ※出所:マネースクエア ヒストリカルデータ、リフィニティブ

つまり ショック相場に強く、狭いレンジ幅で相場が動く ということは

リスクを抑えながら、トラリピをフル活用できる! ということ

「トラリピ」は、取引の利益を保証するものではありません。仕掛け方によっては
多額の資金が必要となったり、設定したレンジ内であっても、損失を被ることがあります。

これだけは知っておきたい!オージーキウイ 基礎知識

「ダイヤモンド戦略」バックテスト結果

豪ドル/NZドル(週足) 約7年間(2015年1月~2022年4月) ※出所:マネースクエア ヒストリカルデータ、リフィニティブ

運用想定
資金
売買 売買損益 スワップ 評価損益 損益合計
100万円 売り 1,946,661 -10,303 -64,875 1,871,483
買い 2,145,634 -37,860 0 2,107,774
売り買い
合計
4,092,295 -48,163 -64,875 3,979,257

資金100万円で約5年間運用すると資金は約260万円に!

  • 豪ドル/NZドルの損益はNZドル建てで発生しますが、当社ではリアルタイムのNZドル/円レートで自動的に円換算され、円貨建てで口座に反映されます。

<バックテストのご注意事項>
本バックテストはあくまで過去の結果であり、実際のお取引とは異なります。また、将来の利益を保証するものではありません。お取引の参考情報としてご利用ください。売買に際してはお客様ご自身でご判断ください。

<ご注意事項>
本戦略は、売りと買いの注文を同時に発注することで、注文成立時、一部の価格帯において売り買い両方のポジションを保有する局面があります。この場合、売りと買いのスワップの差や決済時における売値と買値の価格差(スプレッド)を負担する等のデメリットがあります。

当社サービスに関しての注意事項

取引開始にあたっては契約締結前書面をよくお読みになり、リスク・取引等の内容をご理解いただいた上で、ご自身の判断にてお願いいたします。

当社の店頭外国為替証拠金取引および取引所株価指数証拠金取引は、元本および収益が保証されているものではありません。また、取引総代金に比較して少額の資金で取引を行うため、取引の対象となる金融商品の価格変動により、多額の利益となることもありますが、お客様が差し入れた証拠金を上回る損失が生じるおそれもあります。また、各金融市場の閉鎖等、不可抗力と認められる事由により店頭外国為替証拠金取引や取引所株価指数証拠金取引が不能となるおそれがあります。

店頭外国為替証拠金取引における取引手数料は無料です。

取引所株価指数証拠金取引における委託手数料は注文が成立した日の取引終了後の値洗い処理終了時に証拠金預託額より、新規および決済取引のそれぞれに徴収いたします。手数料額は、通常1枚あたり片道303円(税込)、NYダウリセット付証拠金取引およびNASDAQ-100リセット付証拠金取引は1枚あたり片道33円(税込)です(ただし、建玉整理における委託手数料は無料です)。

当社が提示するレートには、買値と売値に差(スプレッド)があります。流動性が低くなる場合や、天変地異または戦争等による相場の急激な変動が生じた場合、スプレッドが広がることがあります。

店頭外国為替証拠金取引に必要な証拠金額は、個人のお客様の場合、取引総代金の4%です。法人のお客様の場合、取引総代金に、金融先物取引業協会が算出した通貨ペアごとの証拠金率(為替リスク想定比率)を取引の額に乗じて得た額となります。為替リスク想定比率は、金融商品取引業等に関する内閣府令第117条第27項第1号に規定される定量的計算モデルを用い算出します。なお、証拠金率(為替リスク想定比率)は変動いたします。取引所株価指数証拠金取引に必要な証拠金額は、商品ごとに当社が定める1枚あたりの必要証拠金の額に建玉数量を乗じる一律方式により計算されますが、1枚あたりの必要証拠金額は変動いたします。

ライセンサーに関する注意事項の詳細は下記をご参照下さい

https://www.m2j.co.jp/info/disclaimer#anc02

株式会社マネースクエア
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2797号【加入協会】日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会