トラリピ史上最強通貨ペアシリーズ第1弾 豪ドル/NZドル取り扱い開始1周年記念感謝祭

リリースから1年、
早くも当社で人気No.1となった通貨ペア
「豪ドル/NZドル(オージーキウイ)」。
多くのお客様に運用いただいていることへ
感謝の気持ちを込めて、
スペシャルな企画を3つ用意しました!

さらに、豪ドル/NZドルに「プラスオン」する
通貨ペアとして
ユーロ/英ポンドの
魅力もご紹介します!
どうぞ最後までお楽しみください!

※2021年4月~8月のトラリピ注文口座数No.1

スペシャル企画第1弾 「せま得キャンペーン」第2弾スタート決定

トラリピくん

【開催期間】
2021年11月1日~2022年3月31日

2021年7月より開催している
「トラリピでとく!とく!せま得キャンペーン」
第2弾のスタートが決定!
もちろん豪ドル/NZドルは引き続き
対象通貨ペアです!

さらに 新たに「ユーロ/英ポンド」「米ドル/円
の2通貨ペアを追加!

詳細はこちら

スペシャル企画第2弾 「豪ドル/NZドルリリース 1周年記念! 取引応援キャンペーン」

トラリピくん

【開催期間】
2021年11月1日~12月31日

豪ドル/NZドルとユーロ/英ポンドの
トラリピ新規注文&成立1万通貨ごとに、
20マネースクエア ポイントがもらえる!

さらに トラリピ100万通貨以上新規注文&
成立した方の中から抽選で100名様に
「トラリピくんぬいぐるみ」の特装版
が当たる!

詳細はこちら ※マイページにログインします。

スペシャル企画第2弾 「豪ドル/NZドルリリース 1周年記念! 取引応援キャンペーン」

トラリピくん

【開催期間】
2021年11月1日~12月31日

マネースクエア公式アカウント(@MONEYSQUARE_inc)をフォロー&
豪ドル/NZドルに関するエピソードを引用ツイートされた方の中から
抽選で10名様にAmazonギフト券10,000円分が当たる!

詳細はこちら

今からでも遅くない!
豪ドル/NZドルを知ろう トラリピくん

豪ドル/NZドル×トラリピのメリット①「リピートしやすい」

狭いレンジの中で値動きを繰り返す傾向がある
豪ドル/NZドルは、トラリピと相性ピッタリ。

  • 2015年1月~2021年8月の高低差(単位:pips) 出所:マネースクエア ヒストリカルデータ、リフィニティブ

  • 100pipsあたり総推移(期間:2015年1月~2021年8月) 出所:マネースクエア ヒストリカルデータ、リフィニティブ

トラリピ運用では「高低差が狭く」「100pipsあたり総推移が大きい」通貨ペアを
選ぶのがポイントですが、豪ドル/NZドルは
これら2つの条件に当てはまる通貨ペアといえます。

100pipsあたり総推移とは、100pipsの値幅内でどの程度の総推移があったのかがわかるもの
(総推移÷高低差で算出)で、値動きの多さを判断する指標の1つ。

豪ドル/NZドル×トラリピのメリット②「ロスカットになりにくい」

豪ドル/NZドルはブレグジットやコロナショックなどの
いわゆる「ショック相場」において影響を受けにくい通貨ペア。
過去のショック相場では、他の通貨ペアと比較して
変動が小さいことが分かります。

  • ショック相場時の1か月間の変動率(単位:%)

    コロナショック
    (2020年3月)

  • ショック相場時の1か月間の変動率(単位:%)

    アップルショック
    (2019年1月)

  • ショック相場時の1か月間の変動率(単位:%)

    トランプショック
    (2016年11月)

  • ショック相場時の1か月間の変動率(単位:%)

    ブレグジット
    (2016年6月)

  • ショック相場時の1か月間の変動率(単位:%)

    チャイナショック
    (2015年8月)

ショック相場はだいたい1~2年おきに発生する傾向があります。
直近の「コロナショック」が2020年3月だったことを考えると、
次のショック相場は「いつ来てもおかしくない」状況。
ショック相場の影響を受けにくい豪ドル/NZドルなら、
レンジを外れてロスカットになってしまう可能性を低くおさえて運用できます。

だから

トラリピにおける利用率 52.9%

トラリピをご利用中のお客様のうち、
52.9%の方が「豪ドル/NZドル」を
選択しています

2021年8月31日時点のトラリピ注文有口座のうち、
豪ドル/NZドルトラリピの注文がある口座の割合。

2人に1人が、豪ドル/NZドルを選んでいるがぅ!

豪ドル/NZドル×トラリピを
早速体験したい方には
「トラリピ戦略リスト」がおすすめ!

「トラリピ」は、取引の利益を保証するものではありません。
仕掛け方によっては多額の資金が必要となったり、
設定したレンジ内であっても、損失を被ることがあります。

豪ドル/NZドルにプラスオン! トラリピ史上最強通貨ペアシリーズ第2弾 「ユーロ/英ポンド」 トラリピくん 最強通貨ペアシリーズ:2016年7月~2020年12月の
100pipsあたり総推移が、当社取り扱い全15通貨ペア中No1、No2

ユーロ/英ポンドも豪ドル/NZドルと同様、レンジ相場になりやすく、
ショック相場に強い(ロスカットになりにくい)と言われる通貨ペア。
ユーロ/英ポンドおすすめの理由をご紹介します!

ユーロ/英ポンド おすすめの理由①「豪ドル/NZドルに次ぐ人気」

トラリピ人気通貨ペアランキング (2021年4月~8月)

  • 1 豪ドル/NZドル 第1位 豪ドル/NZドル
  • 2 ユーロ/英ポンド 第2位 ユーロ/英ポンド
  • 3 NZドル/米ドル 第3位 NZドル/米ドル
  • 4 第4位 カナダドル/円
  • 5 第5位 米ドル/円

2021年4月~8月のトラリピ人気通貨ペアランキングを見ると、
ユーロ/英ポンドは豪ドル/NZドルに次いで堂々の第2位
2021年5月の取り扱い開始からまだ約半年しか経っていないにもかかわらず、
多くのトラリピユーザーの注目を集めています。

当社取り扱い15通貨ペアを、トラリピを注文した口座数の多い順で並べたランキング

ユーロ/英ポンド おすすめの理由②「豪ドル/NZドルと同じ動きになりにくい」

ユーロ/英ポンドと豪ドル/NZドルの特徴は似ていますが、
この2通貨ペアの値動きは同じになりにくい傾向があります。
だから、豪ドル/NZドルと一緒に運用する通貨ペアとして
有力な選択肢といえるのです。

豪ドル/NZドルとユーロ/英ポンドの相関係数
(52週移動平均)

出所:リフィニティブより、マネースクエアにて作成

豪ドル/NZドルとユーロ/英ポンドの相関係数のグラフ

2007年1月~2021年8月31日時点の相関係数。
今後の相場変動次第では変化する可能性があることにはご留意ください。

ユーロ/英ポンドを豪ドル/NZドルと
一緒に運用すると…!?
詳しくはこちらへ!

ユーロ/英ポンドの設定に迷ったら……

「トラリピ戦略リスト」では、
豪ドル/NZドルだけではなく
ユーロ/英ポンドの戦略も公開中!

「トラリピ」は、取引の利益を保証するものではありません。
仕掛け方によっては多額の資金が必要となったり、
設定したレンジ内であっても、損失を被ることがあります。

豪ドル/NZドルのサポートコンテンツ

topへ

当社サービスに関しての注意事項

株式会社マネースクエア
金融商品取引業 関東財務局長(金商)第2797号【加入協会】日本証券業協会 一般社団法人 金融先物取引業協会