松島新の日刊2分でわかるアメリカアメリカを見る

マーケット: ユーロと英ポンドに買い、トルコリラ大幅安

2022/05/18 07:23

日刊2分で見るアメリカ

「米ドル軟調」

17日の欧米の外国為替市場の米ドルは3日続落。主要通貨に対する米ドルの動きを示すドル指数(DXY)は0.9%低下しました。アメリカ株式相場は大幅上昇しリスク選好ムード。中国上海の市中感染が3日連続でゼロ。小売売上高をはじめアメリカ経済の堅調さを示す指標発表が相次ぎました。米ドルと円が軟調な一方、リスクに敏感な通貨は堅調。ユーロと英ポンドは大幅高でした。トルコリラの大幅な下げが目立ちました。

米ドル/円は0.2%高。米国東部時17日午後4時(日本時間18日午前5時)時点で1ドル=129円30銭台で推移。1ドル=128円83銭~129円78銭のレンジで取引されました。長期金利の指標である米10年物国債の利回りは2.98%に上昇。短期金利指標の米2年物国債利回りは2.69%に上昇しました。

ユーロ/米ドルは1.1%高。1ユーロ=1.05ドル半ばで推移。ユーロ/円は1ユーロ=136円40銭台の大幅ユーロ高・円安水準でした。欧州中央銀行(ECB)理事会メンバーのクノット・オランダ中銀総裁は、ECBの7月利上げを支持、0.5%利上げの可能性も排除しないと述べました。英ポンド/米ドルは1.3%続伸。クロス取引の英ポンド/円は1ポンド=161円50銭台に大幅続伸しました。イギリスの失業率は1974年以来の低水準に改善、イングランド銀行が利上げを継続するとの観測が強まりました。ユーロ/英ポンドは小幅安。

資源国通貨は堅調。米ドル/カナダドルは0.2%高。クロス取引のカナダドル/円は1カナダドル=100円90銭台のカナダドル高水準。豪ドル/米ドルは0.7%高。クロス取引の豪ドル/円は90円80銭台に上昇。NZドル/米ドルは0.7%高。NZドル/円は82円20銭台に続伸。豪ドル/NZドルはほぼ横ばい。

新興国通貨は対円でまちまち。トルコリラ/円は2.1%安。1リラ=8円10銭台前半で推移。対米ドルは9日続落。トルコの4月の農産品卸売価格指数が前年同月比118.53%高騰しました。エルドアン大統領が北欧2国の北大西洋条約機構(NATO)加盟に反対していることが懸念されました。南アフリカランド/円は大幅高、1ランド=8円10銭台で取引されました。メキシコペソ/円は0.6%高、6円40銭台後半で推移しました。

「ダウ431ドル高、ナスダック急伸」

17日のヨーロッパの株式相場は大幅高。ヨーロッパ全体の指数STOXX600は1.2%高。ドイツのDAXは1.6%高。ロンドンのFTSEは0.7%高でした。

アメリカの株式市場は大幅上昇。ダウ終値は431ドル、率にして1.3%高。S&P500は2.0%高。ナスダック総合は2.8%高。ナスダック100は2.6%高。小型株の指標であるラッセル2000は3.2%高。恐怖指数のVIXは5%低下しました。

ニューヨーク原油(WTI)先物は1.6%安の112ドル40セント。金先物は0.3%高の1818ドル90セントでした。

*NY時間17日午後4時(日本時間18日午前5時)時点の状況です。

[May 17 2022] No 031844876

topへ