• TOP
  • >
  • アナリストレポート
  • >
  • 市場調査部エクスプレス
  • >
  • 豪州政治、サウジ情勢、イタリア格下げ、トルコ中銀・カナダ中銀は?

市場調査部エクスプレス Todays'Flash!


豪州政治、サウジ情勢、イタリア格下げ、トルコ中銀・カナダ中銀は?

2018/10/22 07:52

【ポイント】
・豪州の与党・保守連合は議会過半数割れで政権運営が困難に
・「砂漠のダボス会議」は参加取り消し続出で、サウジと主要国の関係は微妙に
・イタリア国債の格付けが「ジャンク」目前に。イタリアは予算案修正に同意するか
・カナダ中銀の利上げはほぼ確実視、トルコ中銀は見方が分かれる


(先週のレビュー)

 先週(10/15-19)の外国為替市場は主にリスクオンの展開でした。米国人牧師の解放により米国との関係改善が期待されたトルコリラが大幅に上昇。NZドル、南アランド、豪ドルなどの資源・新興国通貨も対米ドル、対円で上昇しました。
 
 カナダドルは、主要国通貨のなかでメキシコペソを除いて最弱。10月初めに80ドルに接近しつつあったWTI原油先物価格が17日には70ドルを割り込むなど、原油価格が軟調だったこと、19日に発表された小売売上高(8月)やCPI(9月)が市場予想を下回ったことが背景でした。

 欧州通貨も軟調。イタリアの2019年予算案がEUのルールに抵触するとして欧州委員会によって拒否される見通しとなったことで、イタリアとドイツの長期金利差(伊>独)が一段と拡大し、ユーロは下落圧力を受けました。

 英ポンドはブレグジット交渉の難航が重しとなりました。17日のEUサミットで交渉が前進せず、最終合意を目指す11月中旬の臨時サミットの計画は白紙に戻りました。交渉は続けられるようですが、先行きは一段と不透明になりました。


(今週の相場見通し)

 20日、豪州ではターンブル前首相の議員辞職に伴う下院補欠選挙が実施されました。与党・保守連合(自由党、国民党)は議席を失い、過半数を割り込むことになりそうです(最終結果の確定には数日を要する見込み)。
 モリソン首相は少数与党のまま政権を維持する考えを明らかにしましたが、政権基盤の脆弱さが豪ドル相場の弱気材料になる局面が今後見られるかもしれません。次回総選挙は2019年5月までに実施される予定です。

 サウジアラビアは同国人記者の死亡を認めましたが、説明が二転三転したこともあって、米国など主要国との関係は一段と悪化する可能性もあります。11月5日から始まるイラン石油禁輸に際して、サウジは原油供給増を期待されていますが、今後の展開次第ではサウジが協力を拒む可能性もあり、原油価格に上昇圧力が加わるかもしれません。
 原油価格が急騰するような事態となれば、リスクオフが強まって(産油国カナダを除く)資源・新興国通貨は軟調な展開になるかもしれません。
 23日からサウジ主催の「砂漠のダボス会議」が開催されますが、欧米要人や企業幹部の参加取り消しが相次いでいます。

 欧州委員会はイタリアの2019年予算案に否定的見解を表明していますが、23日に正式にこれを拒否し、修正を求める方向です。イタリアのコンテ首相とトリア財務相は財政赤字目標の引き下げを呼び掛けましたが、ディマイオ副首相(「五つ星」党首)やサルビーニ副首相(「同盟」党首)は拒否した模様です。今後、3週間ほどの交渉期間でイタリアと欧州委員会が何らかの合意に達することができるでしょうか。

 19日には、ムーディーズがイタリア国債の格付けをBaa3に一段階引き下げました。これはS&Pで言えばBBB‐に相当し、「ジャンク(投機的)」の一歩手前です。ただ、ムーディーズが見通しを「安定的」としたことで、債券市場は冷静に受け止めたようです。S&Pが月内にどういう判断を示すかが注目されます。

 中央銀行の会合は、24日BOC(カナダ中銀)25日TCMB(トルコ中銀)同ECB(欧州中銀)。先週のカナダの経済指標は弱めでしたが、引き続きBOCの利上げは確実視されています。TCMBは、インフレ加速がみられたものの、9月に大幅利上げを実施しただけに追加利上げに踏み切るかどうは微妙です。市場では利上げ期待が根強いようですが、エコノミストの大半は据え置きを予想しているようです。ECBはQE(量的緩和・国債購入)の年内終了を確認しそうです。

【セミナーのお知らせ】

10月30日(火)東京開催!
マネースクエア アカデミア「相場分析のコツがわかるセミナー」

経済指標の「本当の」読み方と、相場の状態を判断するコツを解説します。
みなさまのお申込みをお待ちしております!


= = = = = = = = = = = = = = = = =

【マーケットView】
マーケットViewは、毎日16時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。
※音声にご注意ください。

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【トラリピ戦略モデル】
トラリピを1クリックでカンタン発注!


M2JFX口座をお持ちのお客様はこちら

= = = = = = = = = = = = = = = = =

資産運用としてのFXを身につける!
M2J FX アカデミア

Page Top