チーフエコノミスト 西田 明弘

経歴紹介

1984年、日興リサーチセンターに入社。米ブルッキングス研究所客員研究員などを経て、1999年、東京三菱証券(現、三菱UFJモルガン・スタンレー証券)入社。チーフエコノミスト、シニア債券ストラテジストとして機関投資家から高い評価を得る。2012年9月、マネースクウェア・ジャパン入社。市場調査部チーフエコノミスト。

当社での講演・レポート執筆

セミナー:「市場調査部 リサーチフォーラム」、「M2J FX アカデミア 予測編第2部」
レポート:「市場調査部エクスプレス」(最新のマーケット情報)の「スポットコメント」「市場調査部レポート」(ウィークリー、マンスリー)
動画:FXマーケットスクウェア 毎週木曜日出演

社外マーケットメディアへの登場

東京MX2「ストックボイス 東京マーケットワイド~FXフォーカス~」レギュラー出演

皆様へのメッセージ

金融機関で25年以上、内外のマクロ経済や金融市場のリサーチに携わってきました。為替市場は、ありとあらゆる情報を貪欲に消化する、もっともグローバルなマーケットだと思います。当社が標榜する、資産運用としてのFX取引に役立つマーケット情報の提供を心掛けて参ります。

海外渡航と為替のこぼれ話

初めての海外旅行はヨーロッパでした。12カ国を訪問して、12回両替して、とても面倒でした。ユーロが誕生した時には、ヨーロッパ経済は良くなると思ったものですが、それほど単純ではなかったですね。アメリカに2度住みました。最初は84年で1ドル=200円以上でしたが、ドルは高いと感じませんでした。リーバイスのジーンズが15ドルでしたから。2度目は95年の80円割れを経験しました。いろいろと買い漁ったのを覚えています。とても感慨深いものがあります。

資産運用としてのFXを身につける!
M2J FX アカデミア

Page Top