トラリピ®技術を支える強いシステム

為替取引はオンラインが当たり前の時代に。だからこそ、利便性も安全性も妥協しません。

「ドル円1万通貨を成行の買いで!」 すこし前の為替取引といえば、お客様とのお電話でのやり取りが主流でした。しかし、社内に熱気と呼び声が混ざる活気的な雰囲気は良い意味で幕を閉じ、今ではFintech(フィンテック)を中心としたテクノロジーの力添えを借りる時代に。2019年5月、私たちマネースクエアは新しいシステムの導入を行い、お取引画面の使いやすさは勿論のこと、安全性の提供にもチカラと想いを注ぎ続けています。

1.
一瞬を逃さない、約定力の飛躍的向上

新しいシステムを採用したことで、約定力が大きく飛躍しました。 新システムでは、これまで約定処理を担っていた仕組みの安定性は保ちつつ、1秒間におよそ5,000件という驚くほどのスピードで約定します。為替相場の急変は必ず起こる、だからこそ一瞬の価格を妥協しない精度とスピードを追求しています。また、将来の事業拡大に備えてキャパシティ不足を度外視できる拡張技術も実装しています。

※オンメモリトランザクション機構

FX約定力向上イメージ図
2.
トラリピ®技術の集大成を継承

当社が独自に開発し続けたトラリピの集大成を新システムに継承しました。つまり、世界で唯一、トラリピの指値技術が強化された環境をお客様にご提供していることを意味します。
更に、トラリピを動かすプログラムと外部プログラムとの縁結びとなるAPI連携が簡便になり、トラリピ戦略の可能性が未来に広がっています。
心躍るトラリピの次なる進化をご期待ください。

トラリピ®技術のイメージ図
3.
トラリピ®を中心としたユーザビリティの追求

お手持ちのスマートフォンでも、パソコンでも。トラリピを中心としたユーザビリティの向上を追求しました。

●分かりやすいスマートフォン設計

常にパソコンに張り付かなくても、スマートフォンで思いのままトラリピ設定ができるよう、多様なライフスタイルに寄り添う設計を心がけました。平日仕事の休憩時間に、電車通勤の合間に、パソコンと同じ感覚で各種機能が継ぎ目なく自在に使えます。

●シンプルで見やすいパソコン設計

一見シンプルに見えるデザインの中には、一般的なストリーミング注文から定番のトラリピ注文、トラリピ管理表とてんこ盛りに機能が充実しています。チャートを見ながら「この辺りにトラリピを仕掛けたい」といった直観的な操作もお任せください。

リピート系注文の提供開始からもうすぐ14年、老舗FX会社として新しい指値技術の追求に限界はないと確信し、次なる一手として恒常的にリリースを繰り返しています。

トラリピ®を中心としたユーザビリティ追求イメージ図(スマートフォン) トラリピ®を中心としたユーザビリティ追求イメージ図(パソコン)
4.
耐障害性の向上

障害を起こさない。しかし、万が一をあらかじめ想定してシステムが停まることなく動かし続けられる構成を取る。この両軸を満たすために、私たちは求める耐障害性を備えた取引システムとして実績のあるFXプラットフォームを採用しました。
約定力や利便性向上といった目に見える改善に留まらず、見えないところでの「守りの強化」も怠りません。

※提供:シンプレクス株式会社

耐障害性の向上イメージ図
topへ