今週はこう動く! マーケット羅針盤

2019/03/11 09:30今週の注目通貨(米ドル/円)

◆要約◆
・米ドル反発は先週、8週目で一段落、先週は世界的な景気減速懸念などから一時111円割れへ米ドル安・円高に。8週目で米ドル高・円安一段落は、過去2年の経験則通り。
・2017年はここから米ドル安・円高へ、ただ2018年は高値圏横ばいの後、米ドル高・円安再燃へ。どちらになるかは、景気減速懸念広がる中での株価の動向が鍵か。


◆米ドル高・円安は8週で一段落したのか?

先週の米ドル/円は、後半にかけて反落、一時111円割れとなりました≪資料1参照≫。ECB会合などを受けて、世界的な景気減速への懸念が拡大、リスク回避が広がったため、安全資産とされる円が買われたとの理解が基本でしょう。

≪資料1=米ドル/円の日足チャート (2018年10月-)≫

(出所;M2Jチャート)

ところで、そんな米ドル/円を週足チャートで見ると、1月3日の「アップル・ショック」の暴落の後からの米ドル反発は、先々週で8週目となっていました≪資料2参照≫。この8週というのは、先週のこのレポートでも書いたように、米ドル/円の反発がそろそろ一段落してもおかしくない時間帯でもありました。

≪資料2=米ドル/円の週足チャート (2017年4月-)≫

(出所;M2Jチャート)

昨年、2018年の米ドル最大の反発局面は3月から展開しましたが、8週目で一段落しました。また、2017年の米ドル/円最大の反発局面は9月から展開しましたが、やはり8週目で一段落となりました。

以上のように見ると、今回の場合も、米ドル/円の反発は先週にかけそろそろ終わってもおかしくない時間帯に入っており、そういった中だったからこそ、上述のような世界的な景気減速への懸念といったリスクオフの材料に反応しやすかったということではないでしょうか。

ところで、上述のように過去2年も、米ドル/円反発は8週で一段落となったものの、2017年の場合は、9週目に記録した高値で米ドル高は終了し、その後は米ドル安・円高に向かったのに対し、2018年の場合は、米ドルはしばらく高値圏での一進一退が続き、1カ月半程度過ぎると改めて高値を更新、米ドル高・円安再燃となりました。

今回、2017年のパターンに近いなら、米ドル高は先週の112円で終り、これからは米ドル安・円高に向かうわけですが、2018年のパターンに近いなら、しばらく米ドル高値圏でのもみ合いが続いた後、改めて先週の米ドル高値112円を更新に向かう見通しになるのですが、果たしてどちらになるか。

この間の米ドル/円は、景気への懸念から日米金利差米ドル優位も上げ渋る中で、それを尻目に続伸となってきました≪資料3参照≫。そんな米ドル/円を比較的うまく説明できたのは日経平均など株価の動きでした≪資料4参照≫。景気懸念がくすぶる中でも、株高が続く中で米ドル高・円安となってきたわけです。

≪資料3=米ドル/円と日米2年債利回り差(2018年11月-)≫

(出所;リフィニティブより作成)

≪資料4=米ドル/円と日経平均 (2018年11月-)≫

(出所;リフィニティブより作成)

以上を参考にすると、米ドル/円がこの先米ドル安・円高に向かうか、それとも改めて米ドル高値更新に向かうのか、その手掛かりは株価の動きということになるのではないでしょうか。

先週は、ECB会合で景気について厳しい見通しを示したことや、米国や中国の景気指標発表などを受けて、世界的な景気減速への懸念が再燃しました。これを受けて、株価も下落再燃となるのか否か。それが、引き続き米ドル/円の行方を占う上でも、重要な目安になるのではないでしょうか。(了)

= = = = = = = = = = = = = = = = =

 【マーケットView】
マーケットViewは、毎日16時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【トラリピ1クリック】
トラリピを1クリックでカンタン発注!

= = = = = = = = = = = = = = = = =

【キャンペーンのご案内】

FX新規口座開設キャンペーン

M2JFX口座をお持ちのお客様はこちら

= = = = = = = = = = = = = = = = =

お友達紹介プログラム

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2019.03.18 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・米景気懸念くすぶり米金利低下傾向でも米株高続き、米ドル高・円安もそれに連動した形。米金利低下を好感した米株高=米ドル高・円安は続くのか?!・米金利低下…
  • 2019.03.11 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・米ドル反発は先週、8週目で一段落、先週は世界的な景気減速懸念などから一時111円割れへ米ドル安・円高に。8週目で米ドル高・円安一段落は、過去2年の経験…
  • 2019.03.04 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・昨年第4四半期の米経済成長率が予想ほど悪くなかったことをきっかけに、先週は米ドル一段高となった。・ただすでに米ドル高局面は8週間も続いている。経験的に…
  • 2019.02.25 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・米朝首脳会談は昨年6月12日、そして米中首脳会談は昨年12月1日に開かれたが、これはともに株高がピークアウトするタイミングとなった。・90日MA、52…
  • 2019.02.18 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・米株高、円安傾向が続き、NYダウ2万5千ドル、米ドル高・円安も先週は一時111円台乗せ。52週MAを参考にした経験則からすると、一時的な動きならそろそ…

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ