今週はこう動く! マーケット羅針盤

2019/02/04 09:21今週の注目通貨(米ドル/円)

◆要約◆
・米ドル/円は先週もこの間の108-110円のもみ合いから新たな方向性は出るに至らず。米金利低下でも米株高となり、金利と株の示す方向性が基本的に逆の中では方向性出にくい?!
・米株の下がり過ぎはほぼ是正。一時的な株反発なら、もういつ終わってもおかしくない。株価回復、景気急減速の証拠がない中でのハト派転換に、FRB信任への疑念も浮上。


◆FRB予想以上のハト派でもなぜ米ドル/円は下げ渋ったか?!


 米ドル/円は先週一時108円台半ばまで下落しました≪資料1参照≫。1月FOMCが予想以上に「ハト派」の姿勢を示したことがきっかけでした。ただ、週末にかけては109円台半ばまで米ドル高・円安へ戻すところとなり、結局この間のもみ合いから新たな方向性が出るには至りませんでした

≪資料1=米ドル/円の日足チャート (2018年11月-)≫
 
(出所:M2JFXチャート)

 これは、金利と株が示す方向性が一致しないと、新たな方向性が出るのは難しいということではないでしょうか。上述のように、FOMCのハト派姿勢を受けて米金利は低下しましたが、その金利低下を好感する形で米株は大きく上昇しました≪資料2参照≫。米金利低下は基本的に米ドル安の可能性を示すものですが、米株高は基本的にはそれと逆の米ドル高の可能性を示すものです。

≪資料2=過去半年間のNYダウの推移≫
 
(出所:ブルームバーグ)

 米ドルに明確な方向性が出るのは、基本的には米金利が低下しても、それを好感出来ずに米株が下落し、金利と株がともに米ドル安の可能性を示す場合か、米金利が上昇しても、それを吸収して米株も上昇、金利と株がともに米ドル高を示す場合ではないでしょうか

 上述のように、FOMCが市場の予想以上にハト派的な姿勢を示すと、米金利低下で米ドルは全面安となりましたが、その金利低下を好感した形で米株高が広がると、その後はその株高に連れる形で米ドル高に戻ったということでしょう。

 では、その「株高=米ドル高・円安」はいつまで続くのか。NYダウのここまでの上昇は、90日MA(移動平均線)からのかい離率を見ると下がり過ぎの反動であり、90日MAを回復したことで、そのような行き過ぎはほぼ是正されたようです≪資料3参照≫。ここからのさらなる株価上昇は、これまでとは異なり、「上がり過ぎ」拡大を試すことになります。

≪資料3=NYダウの90日MAからのかい離率 (2010年-)≫
 
(出所:トムソン・ロイターより作成)

 また、先週末のNYダウは52週MAも久しぶりに回復しました≪資料4参照≫。経験的には、仮に株安トレンドにおける一時的な株高に過ぎないなら、52週MAを大きく超えない程度にとどまるもの。

≪資料4=NYダウと52週MA (2010年-)≫
 
(出所:トムソン・ロイターより作成)

 以上のように見ると、あの年末年始にかけての株暴落で、米株はすでに株安トレンドへ転換しており、最近にかけての反発はあくまで一時的な動きに過ぎないなら、もういつ終わってもおかしくない段階に入っている可能性が高そうです。そうであれば、「株高=米ドル高・円安」も、さらなる余地は限られるでしょう。

 一つ気になるのは、FRBの姿勢です。上述のように、FRBは先週のFOMCで予想以上のハト派の姿勢を示しました。ただそれは、株価がすでに年末年始の安値から大きく戻す中での決定でした。

そして、先週金曜日に発表された米1月雇用統計で、NFPは30万人の大幅増となりました。株下落リスクが一服し、景気急減速の証拠も未確認の中で、FRBはなぜ予想以上のハト派に転じたのか

 FRBには、我々が知りえないハト派に転じる理由があったのか、それとも「資産市場の混乱、要求、トランプの要求に怯えて利上げ見通し白紙、資産規模縮小停止を打ち出したのか」(慶応大学准教授・小幡績氏ブログ、2月2日付け)といった具合に、FRBの信認への疑念が浮上する可能性も注目されそうです。(了)

= = = = = = = = = = = = = = = =
=

 【マーケットView】
マーケットViewは、毎日16時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。

=
= = = = = = = = = = = = = = =
=

【トラリピ1クリック】
トラリピを1クリックでカンタン発注!

= = = =
= = = = = = = = = = = =
=

【キャンペーンのご案内】

FX新規口座開設キャンペーン

M2JFX口座をお持ちのお客様はこちら

=
= = = = = = = = = = = = = = = =

お友達紹介プログラム

= = = = = = = = = = =
= = = = = =

LINE@友だち登録キャンペーン

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2019.04.22 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・米ドル/円は記録的な小動きの長期化となっている。経験的には、そろそろ小動きも終わり、一転して大相場へ向かう可能性も注目。・一部には、相場が動き出したら…
  • 2019.04.15 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・米ドルは先週今年初めて112円台で引け。経験的には、この4月は「今年最後の米ドル高」か、それとも逆に米ドル安が「アップル・ショック」で終わったかを決め…
  • 2019.04.08 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・最近のプライス・パターンからすると、NYダウはまだ天井を打ったわけではなく、高値更新へ向かう可能性も高まっている。・そうであれば、それに連れる形で米ド…
  • 2019.04.01 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・ここまで似ていた「チャイナ・ショック」のプライス・パターンがこの先も続くなら、この4月は、米ドル/円急落リスクが再燃するタイミングということになる。・…
  • 2019.03.25 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・米ドル/円はこのところFOMC後に、米株に連れる形で一方向に動く展開が続いた。・先週のFOMC以降、米ドル/円は急落したが、さらにそれが広がるかは、F…

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ