今週はこう動く! マーケット羅針盤

2012/08/08 17:21雇用統計「ビフォー・アフター」で何が変わったか

3日に発表された米7月雇用統計で、注目のNFPは久しぶりに事前予想よりかなり良い結果となりましたが、9月FOMCにかけての追加緩和、QE3観測には大きな変化がないようです。ただ一方で、この雇用統計発表を前後して、比較的大きく変化したものもあります。その一つは米金利でしょう。
 
◆QE3の可能性は米2年物金利で判断する
金融政策を反映するとされる米2年物金利は、3日の雇用統計発表前までは0.2%割れ近くまで低下していました。ところが、雇用統計発表後、7日には0.25%を大きく超えて、約1か月ぶりの水準まで上昇しました≪資料参照≫。では、金融政策を反映する米2年物金利のこのような雇用統計「ビフォー・アフター」の動きはどのように解釈できるものなのでしょうか。
 
≪資料≫

FOMCは今年1月、現行のゼロ金利政策を2014年末まで継続するとの方針を発表しました。現行のゼロ金利政策は、政策金利FFレートの目標を0-0.25%にするものです。ところが、金融政策を反映する米2年物金利が0.25%を上回ってきたということは、2014年末としているゼロ金利解除時期の前倒しを織り込み始めたということになるでしょう。
 
ゼロ金利解除の2014年末より前倒しを織り込むということは、現行のFRB超金融緩和政策の見直しということですから、基本的には追加緩和、QE3どころの話ではないでしょう。その意味では、米2年物金利が安定的に、そして大きく0.25%を超えて上昇するかは追加緩和観測の変化を客観的に確認する一つの目安だと思います。
 
◆「最も金利が上昇した昨年10月」、今年は8月?
では米金利上昇は続くのでしょうか、それとも一時的なのでしょうか。今まで述べてきた2年物金利ではなく、長期金利の指標となる10年物金利が昨年最も上昇したのは10月でした。実はこの8月は、そんな昨年10月と似ているとの見方があるので、米金利上昇が続くかを考える上で、それをちょっと考えてみたいと思います。

昨年10月に米金利が大きく上昇したのは、この10月から発表された9月の景気指標が急改善となったことが一因でした。それについて、「暗黒の8月」の反動を注目する考え方もあります。

昨年8月は超大国・米国が国債デフォルトになってしまうかもしれないといった前代未聞の事態に接し、金融市場も急落に追い込まれました。ただ、この前代未聞の事態が回避されると、その反動の影響もあったようで、9月以降の景気指標は急改善となったのです。基本的に景気指標は一か月遅れでの確認となるため、景気悲観論修正に伴う米金利上昇は10月に起こったというわけです。

それと似たような出来事がギリシャ再選挙騒動だったなら、今年は「暗黒の6月」だったということになります。ギリシャ再選挙を受けたユーロ崩壊といった前代未聞の事態が回避された反動が7月以降の景気指標を押し上げていることが確認されるなら、今年はこの8月が「最も金利が上昇する月」になるわけですが、果たしてどうでしょうか。(了)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ