今週はこう動く! マーケット羅針盤

2012/04/25 14:26円安は日銀ではなくFRB次第という理由

今週はFOMC、日銀会合と予定され、米日の金融政策が注目を集めているので、それについて少し考えてみたいと思います。


ある株式ストラテジストは、2月14日の日銀インフレ目標採用決定後、金融市場は日本の市場金利が事実上ゼロまで低下することを織り込んだ形になっているので、さらなる金利低下で円安にするのはすでに無理で、円安・ドル高になるかは、基本的に米金利が上昇するか次第であるといった見方を示していました。


確かに≪資料1≫、≪資料2≫を比べると、そういった考え方は納得できるところでしょう。


≪資料1≫はドル円と米日2年物金利差のグラフを重ねたものです。これを見ると、2月14日に日銀がインフレ目標採用を、一般の予想に反する形で決めた、「バレンタインデー・サプライズ」の後から金利差ドル優位以上のドル高・円安が続くようになっていることがわかるでしょう。


≪資料1≫
出所:BloombergよりMarket Editors作成


これに対して≪資料2≫のドル円と米日金利差は「バレンタインデー・サプライズ」の後も重なり合って推移しています。実はこの≪資料2≫では2月14日から日本の2年物金利をゼロにしました。つまり「バレンタインデー・サプライズ」以降は、米日金利差ではなく、米金利とドル円が同じ動きになっているわけです。


≪資料2≫
出所:BloombergよりMarket Editors作成


上述の株式ストラテジストが「バレンタインデー・サプライズ」以降、金融市場は日本の2年物金利がゼロになることを織り込んでいると述べたことが、確かに≪資料2≫で裏付けられるといえるでしょう。


金利差とドル円の関係が、基本的にこの先も続くなら、2年物金利ゼロまで織り込んだ市場に日銀がさらなる金利低下をもたらすことで円安を実現するのは不可能ということになります。ドル高・円安になるかはFRBの政策などを受けて、米金利が上昇するか否かが、基本的にはカギを握っているということになるわけです。(了)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2019.01.15 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・米ドル/円は2015年8月チャイナ・ショック後の展開とこれまでのところ似ている。似た動きがこの先も続くなら、しばらく108-111円中心のもみ合いの可…
  • 2019.01.07 更新2019年の米ドル/円を予想する◆要約◆・米ドル/円は、2018年10月114円から米ドル安・円高トレンドに転換した可能性。きっかけは、9年間の米株高が終わり、株安へ転換したこと。・リスクオフ…
  • 2018.12.25 更新今週の注目(リスクオフの通貨選択)◆要約◆・リスクオフでは米ドル/円もクロス円もドルストレートも全て基本的には下落しやすいので、売りに適性のある通貨ペアを探す必要がある。・売りに適性のあるのは割…
  • 2018.12.17 更新今週の注目通貨(米ドル/円)◆要約◆・米ドル/円はこのまま小動きが続くと、値幅が2カ月連続の2円未満、年間値幅も10円を下回るといった具合に記録的な小動きにとどまる見通し。・19日のFOM…
  • 2018.12.10 更新今週の米ドル/円を予想する◆要約◆・米株安は大きな岐路に。2-3月との類似やアノマリーからするとそろそろクライマックスだが、逆にいえばさらなる株安なら、未体験の株安となる懸念が強まりかね…

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ