今週はこう動く! マーケット羅針盤

2011/11/30 17:05「為替の学校」アカデミアについて

私は、「為替の学校」、M2JFXアカデミア学長を要請され、7月末から投資教育に取り組んできました。今回はそれについて少し述べてみたいと思います。
 
◆「為替の学校」の成果
本アカデミアの目的は、大儲けできるようにするということではありません。それよりも、なるべく損が出ないような投資スタイルを学ぶ、つまり「負けない投資家」の育成ということを目標としています。

受講生の大半は、利益を上回る損を出さないというのが第一の目標です。この第一の目標が達成できれば、大きな損失を被り、投資から撤退を余儀なくされることはなくなるでしょう。そんなFX撤退率ゼロを目指すのが第二の目標です。

そういったアカデミアの目的を達成することにおいては、まだまだ道半ばではありますので、この「アカデミアの目標」を達成するために、さらに構成の見直し、強化を進めていきたいと考えています。
 
◆「負けない投資家」の具体的パターンとは?
ところで、このアカデミアが目指している「負けない投資家」とは、具体的にどんなイメージになるでしょうか。利益を上げた投資家は、どのぐらいのレバレッジで、どのぐらいの取引頻度で、そしてどのぐらいの投資額で取引しているのが「平均」なのでしょうか。

また逆に、一定以上の大きな損失を出してしまった、いうなれば「負ける投資家」とは、何倍のレバレッジで、どのぐらいの取引頻度で取引しているのが「平均パターン」なのでしょうか。

このような、「負けない投資家」、「負ける投資家」のパターンについて、アカデミアでは分析、研究を進めております。近々、その一部を、「アカデミア学長特別講義」の形でご説明していきたいと考えております。ご関心がある方は、お台場にあるアカデミアの「教室」までぜひ足をお運び下さい。

こんな「負けない投資家」をサポートするための投資教育プロジェクトは、M2Jの自動発注機能のコンセプトと思想的に相通じるものだと思います。そして、それはM2Jにとどまらず、FX取引の拡大、成長のために、大いなる使命を担うものだと思います。それこそが、私がこのプロジェクトの要請をお引き受けした理由なのです。(了)
 

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ