今週はこう動く! マーケット羅針盤

2011/06/06 12:47QE2とQE3で何が違うか

米長期金利の低下傾向が続いている。この背景には、景況感悪化、追加緩和のQE3期待など一年前との類似性がある。ただ、物価の方向性などは一年前と最近では決定的に違う。じつは、米長期金利3%割れは、QE3を織り込んだ意味のあるもの。物価の観点から、FRB(米連邦準備制度理事会)も、QE3織り込みを意味する長期金利3%割れは、必ずしも心地よくないかもしれない。
 
◆物価の方向性が違う
米長期金利が3%の大台割れ含みとなる中で、インフレ率(PCEコア価格指数の前年同月比)を引いた実質長期金利は2%の大台割れ含みとなってきた。これは、昨秋も一時見られた現象だが、景気後退、それに伴う追加緩和、QE3を織り込んだ意味になる。

一年前も、夏にかけて景況感が悪化、追加緩和期待、昨年の場合はQE2期待が広がり、実際、11月にFRBはQE2に踏み切った。最近にかけて景況感悪化が目立ち始めたが、その中で金利市場はすでにQE3に追い込まれると織り込んだ形になっているようだ。

ただ、一年前と最近では似ている点も確かにあるが、一方で違い、それも決定的な違いもある。それは物価の方向性だ。FRBが重視するPCEコア価格指数は、昨年末にかけて前年同月比の上昇率が1.8%から0.7%へ急鈍化となった。物価安定目標より低いとの判断から、FRBは追加緩和に踏み切ったということだろう。

しかし足元のコア価格指数は、前年同期比上昇率が昨年10-12月期の0.4%から、今年1-3月期は1.4%に加速した。これを見る限り、物価は底打ちから上昇へ転換しつつあるようだ。こういった中でのQE3織り込みを意味する長期金利3%割れの持続性はちょっと微妙ではないか。
 
◆米金利のアノマリー
そんな米長期金利は、過去10年間でじつに6月に8回、年間の天井ないし底値をつけていた。またこの多くは、月半ばまでの間に起こっていた。つまり米金利は、6月半ばまでに重要な基調転換を起こしやすかったというわけだ。

こんなふうに、米金利が6月、さらに半ばまでに基調転換しやすかったのは、一つにはFOMC(米連邦公開市場委員会)との関係もあっただろう。そのFOMCは今月下旬に予定されているが、果たしてその前までに米金利低下がクライマックスを迎えることになるか。

米長期金利は、90日移動平均線からのかい離率で見ても、次第に下がり過ぎ懸念が強くなってきた。その意味では、FOMC前にも、そんな下がり過ぎが一巡するなら、当面の米景気指標発表は一つの鍵を握ることになりそうだ。(了)

<資料>米国10年債利回り



※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ