今週はこう動く! マーケット羅針盤

2011/05/16 12:15ユーロが売られる「本当の理由」

昨年一時1.2ドル割れまで売り込まれ、「ユーロ危機」とされたことが完全に忘れ去られたような展開が続いていたユーロでしたが、5月に入ってからは一段安になっています。その原因を考えたいと思います。
 
◆始まりは利上げ見送り
ところで、この5月、ユーロ安が始まったきっかけを覚えていますか。1.5ドル突破寸前のユーロ高を反転させるきっかけになったのはECB(欧州中銀)の6月利上げ見送り観測でした。ECBは4月に利上げを行いましたが、追加利上げを6月にも行うとの期待が一部あったところ、それがどうやら裏切られそうだとして、金利低下、ユーロ売りとなったわけです。

そして、その後もユーロは売られ、最近は1.4ドルの大台割れが迫ってきました。では、ECB追加利上げ期待後退を受けた金利低下はまだ続いているかといえば、それは違うようです。ECB利上げを織り込む独1年債利回りは、確かに5月初めには急低下となりましたが、最近は「ECBショック」前の水準にほぼ戻ってきました。

これを見る限り、市場ではECBは6月には利上げをやらないが、でもそのまま当面利上げをやらないわけではなく、7月にも利上げに踏み切るといった見方のようです。つまり早期利上げ期待は大きく変わっていないのに、ユーロが4月までのように、それに買いで反応しなくなっているということでしょう。
 
◆信用悪化も再燃せず
ではなぜ、ECB早期利上げ期待でもユーロ買いにならなくなったのでしょうか。ギリシャのユーロ圏脱退思惑や、債務再編思惑などが浮上、いわゆる欧州ソブリン・リスクが再燃したからといった理解が一般的なのでしょうか。

この欧州財政不安、ソブリン・リスクは、昨年ユーロを急落させ、「ユーロ危機」を引き起こしました。その中で、欧州への信用は急悪化したのです。ところが、じつは最近の場合、この信用悪化は目立った動きにはなっていないようなのです。

「資料」は、欧州に対する信用リスクを示す代表的な指標である欧州CDS指数ですが、それはこの5月も目立った変化はありません。その意味では、5月に入ってからの欧州財政不安再燃でも、欧州への信用が急悪化しているわけではないようなのです。

しかし、実際問題としてユーロは5月初めの1.5ドル程度から最近は1.4ドル割れ近くまで一段安となっています。これまで見てきたように早期利上げ期待が消えて金利が下がりっ放しになっているわけでもなく、財政不安再燃で信用悪化が再燃しているわけでもないのにユーロが売られたままになっているのは、一つにはやはり原油安の影響でしょう。

ユーロと原油は相関性が高く、基本的に同じ方向に動く傾向があることがわかります。そんな同じ方向に動く原油が、日本のGWを前後し急落に転じました。だからユーロも売られやすくなっているということだと思います。(了)

<資料>欧州CDS指数





 

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ