今週はこう動く! マーケット羅針盤

2011/05/09 12:33ユーロの行方を左右する「2つの鍵」

ユーロドルが先週、1.5ドルから1.43ドル割れ近くまで大きくユーロ安・ドル高となりました。では、今後の行方についてどのように考えたら良いかについて、今回は検証してみたいと思います。
 
◆ユーロ急落は自滅だったのか?!
6日発表された米4月雇用統計は、失業率こそ前月より悪化したものの、NFP、雇用増加数は事前予想より良い結果となりました。こういった中で全体的にドル買いの流れとなったわけですが、とりわけユーロドルは一気に1.43ドル割れ近くまで大幅なドル高・ユーロ安となりました。

これは、雇用統計の影響以上に、ギリシャのユーロ脱退観測といったユーロ自滅の材料が影響したとの理解が一般的だと思います。それにしても、最近のユーロは欧州財政不安など自滅材料への反応がすこぶる鈍くなっていたわけですが、今回はこれまでと比べ物にならないほどのユーロにとっての悪材料だったのでしょうか。

その可能性もなくはないと思いますが、それ以上にユーロが悪材料に反応しやすくなっていたということが大きかったのではないでしょうか。どういうことかというと、一つにはユーロが「買われ過ぎ」、一方ドルは「売られ過ぎ」で、ユーロ売り・ドル買いに反応しやすくなっていたということです(「資料1」、「資料2参照)。

そしてもう一つ、ユーロと基本的に正の相関関係にある原油が急落していたという要因もじつは見逃せないでしょう。原油価格は、4月末からの1週間余りで113ドルから97ドルへ15%もの急落となりました。とくに、金曜日は、さっき述べたように米国の雇用増加数が予想より良く、景気楽観論から株高となったにもかかわらず原油価格は続落しました。

こんなふうに、基本的に同じ方向に動きやすい原油価格が急落していたことは、ユーロが悪材料に反応し、急落しやすいもう一つの要因だったと思います。
 
◆鍵はポジション調整で「原油」
以上のように考えると、今後のユーロドルの行方は、ギリシャなどの要因以上に、ユーロ「買われ過ぎ」、ドル「売られ過ぎ」の修正がいつまで続くかと、そしてもう一つ原油価格下落がいつまで続くかが重要になるでしょう。

後者、原油価格については、バブルだったとの見方も一部にあります。そうであれば、原油価格の下落も予想以上に長引く可能性があるので、ユーロ反落の行方を考える上でも重要なポイントになりそうです。(了)

<資料1>

<資料2>





 

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ