今週はこう動く! マーケット羅針盤

2011/05/02 13:53「二番底」と「底割れ」の岐路になる5月

ドルは4月初めに85円を超えるまで上昇しましたが、月末にかけて81円まで反落しました。このドル反落が、あくまで大底は打ったという上での「二番底」を確認する動きなのか、それともドルは底割れに向かっていくことになるのか。その見極めが、この5月の為替予想を考える上で最大の焦点になるでしょう。
 
◆鍵を握る再介入
さて、「二番底」か底割れか。その「審判の時」は、そんなに先のことではないと思います。経験的には、二番底は一番底から1カ月余り経過したところで確認するものです。今のところの一番底は3月中旬でしたから、あくまで二番底なら5月前半中にも決着がつきそうです。

逆にいえば、5月後半以降もドル下落が止まらず、一番底の76円台を大きく割り込んでいくようなら、じつはドルはまだ大底を打っていなかった、ドル安・円高は終わっていなかったということになってしまいます。

ところで、前者、つまり「二番底」ということなら、再度の円売り介入が鍵になりそうです。今回、ドルが76円台で底打ち、急反発に転じたきっかけは、約16年ぶりに行われた円売りのG7協調介入でした。この16年前も、協調介入をきっかけにドルは大底入れとなったのですが、二番底のきっかけも協調介入が再現したことだったのです。

16年前の1995年、ドルは4月19日に79.75円で大底を打ちました。いったん87円まで反発しましたが、5月末には81円台までドル反落。これに対して「資料」のように日米などが円売り協調介入に再出動となったことがきっかけでドルは「二番底」を確認、あらためて反発に向かったのです。

今回も、G7は「震災に関連した最近の為替の動きを懸念する」として、円売り協調介入に出動し、ドルは急反発に向かいましたが、あらためて介入した水準までドル安・円高に戻ってきました。ここで、ふたたび介入があるかは、二番底を確認する一つの目安になるでしょう。
 
◆ドル高は先取りか、先走りか?!
では、協調介入でも、日本の単独介入でもあったら、ドルは「二番底」を確認することになるでしょうか。私はその可能性が高いと思っています。2007年6月から続いてきたドル安・円高はすでに4年近くに達し、3年程度といったドル安・円高の平均継続期間を上回っていたことから、いつ終わってもおかしくない段階に入っていたわけです。

そういった中で東日本大震災が起こったわけですが、これによってこれまで円高の大前提になっていた日本の貿易黒字は急減に向かい、比較的早い段階で貿易赤字に転落する見通しとなりました。

相場はファンダメンタルズの変化を先取りする傾向があるので、円高の大前提が変化することを先取りし、円高から円安へ転換が始まっている可能性は十分あると思っています。(了)

<資料>ドル買い介入推移



 

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ