今週はこう動く! マーケット羅針盤

2011/04/11 12:28トリシェ・コードとユーロ上がり過ぎ

7日のトリシェECB(欧州中銀)総裁の記者会見を受けて、金融市場では、ECB再利上げが5月はないものの、6-7月にはありうるとの見方になったようだ。
 
◆3つの「暗号」使い分けるECB総裁
これは、ECBウォッチャーたちの間で意識されている「暗号」からの判断。トリシェ総裁は、3種類の「暗号」を意識的に使い分けているとウォッチャーたちは考えている。具体的には、「strong vigilance」、「monitor very closely」、「monitor closely」。このうち今回トリシェ総裁が使ったのは「monitor very closely」で、これは経験的には再来月以降の利上げの可能性を示唆してきたものだからだ。

トリシェ総裁は、よほどのことがない限り来月利上げすると考えている場合は、「strong vigilance」を使う。3月の記者会見はまさにこの表現を使い、そしてこの4月利上げとなったわけだ。一方、まだ利上げを決めていない場合は「monitor closely」を使うのがこれまでの基本だった。今回もこの表現が使われたら、次の利上げはまだ決まっておらず、近くないかもしれないと受け止められたはずだ。

ところが、今回使った「暗号」は、「monitor very closely」というもの。この結果、よほどのことがない限り、来月、5月利上げは決まっていないが、かと言って当面の利上げがまったくないということではないということを示唆したとの受け止め方になっている。早ければ、5月の記者会見で、「strong vigilance」と語り、6月にも再利上げがありうるとの見方になっているようだ。
 
◆ユーロの上がり過ぎ、買われ過ぎ
それにしても、円全面安となる中で、さすがにクロス円の一部には短期的に上がり過ぎ(円下がり過ぎ)懸念が強まってきた。とくにユーロ円は、経験的に上がり過ぎ警戒域に近付いて来たようだ。

ユーロ円は、90日移動平均線からのかい離率でみると、経験的に±10%以内で推移するのが基本だ。1999年の欧州統一通貨、ユーロ誕生以降でも、同かい離率が±10%以上に拡大したのはきわめて少なかった。

そんな90日線からのかい離率が、先週はプラス8%を超えてきた。90日線は、8日現在で112.5円程度だから、かい離率プラス10%は123-124円程度といった計算になる。短期的には、かなり上がり過ぎ警戒域に近付いて来た可能性がありそうだ。

その他のクロス円でも、豪ドル円、NZドル円などの90日線からのかい離率がプラス7%前後に拡大してきた。こちらも上がり過ぎ気味になってきたといえるだろう。

このように、クロス円の中でも短期的な上がり過ぎ警戒度が最も高くなってきたユーロ円だが、ユーロドルでみると、90日線からのかい離率はプラス5%程度だ。ただし、そもそもユーロドルの同かい離率はこれまで一度もプラス10%を超えたことがなかった。その意味では、対ドルで見ても、ユーロは上がり過ぎ気味になっているとはいえるだろう。

そんなユーロは、CFTC(米商品先物取引委員会)統計で見ると、買い越しが先週までに5万枚以上に拡大し、買われ過ぎ気味にもなってきた。今夜のECB(欧州中銀)利上げをにらみながら、ユーロ急上昇が続いているが、行き過ぎ懸念もちらつき始めてはいる。(了)
 
【参考リンク】
*注1.ユーロのポジション
https://www.money-and-money.com/osa/overshootalert.asp?mht1=osa&mht2=R&mht3=1&CODE=EUR#osatab

<資料>ユーロ円90日線からのかい離率




※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ