今週はこう動く! マーケット羅針盤

2011/03/22 14:35「3・11」へ「9・11」からの教訓

「3・11大震災」の後、為替は円高が急拡大しました。これを受けて、被災国通貨が通貨高となるのは珍しくない、阪神大震災の後もそうだったといった解説を沢山聞くところとなりました。
 
◆「9・11」後3兆円に達した日本の介入
阪神大震災が起こったのは1995年1月でした。この震災当日99円程度で推移していたドル円は、その後4月にかけて80円へ円高となったのです。そしてこんなふうに震災でも通貨高になるのは、円に限ったことではありませんでした。

今年1月の豪州大洪水はまだ記憶の新しいところでしょう。経済的悪影響が懸念され、対米ドルで1.02ドルから一時0.98ドル台まで売られた豪ドルでしたが、その後は1.02ドル近くまで戻してきました。

こんなふうに被災国通貨が急落するのではなく、むしろ上昇するのは、復興需要を期待した買いだとか、不透明感を警戒し資本取引が手控えられる中で貿易取引の影響が大きくなるためだとかがよく指摘されるところです。

とりわけ日本の場合は、経常黒字国であり、対外債権国です。しかも3月末決算が目前に迫っているタイミングでもあり、国内への資金引き揚げ、キャッシュ化により円買いが発生しやすいということはあるでしょう。

それにしても、今回の場合、すでに十分円高になっている中で、大震災ですら円安になるどころか円一段高となってしまうのは「困る」というのが正直なところではないでしょうか。震災とは違いますが、歴史的大事件発生で、金融市場が「困った動き」になった例は、2001年9月11日、米同時多発テロ事件後のドル急落でした。

米国が震えたこの「9・11」の後、株式市場は一週間の休場を決めましたが、世界で取引されている為替市場を閉じるわけにはいかず、その中でドルは売り浴びせられたのです。これに対して、日本がドル買い・円売り介入に出動しました。

その結果、「9・11」発生前に120円を推移していたのに、直後一時115円まで急落したドルは、協調介入で反発に転じ、翌2002年2月にかけて逆に135円までドル高・円安へ向かっていったのです。

ちなみに、この「9・11」という国難の当事国は米国だったわけですが、なぜ米国ではなく、日本がドル買い介入に動いたのかというと、金融政策との整合性があったからではないでしょうか。テロを受けて株が急落した米国では緊急利下げに動いたわけですが、その中では金融引き締め効果となるドル買い介入に限界があったということです。

今回の場合も、金融引き締め効果となる自国通貨買い介入より、金融緩和効果になる円売り介入を行う日本が最も介入において持続性が高いと思います。昨年9月に、約6年ぶりに行われた日本の介入は1回で終わりましたが、今後も相場の状況次第では介入を継続する可能性はあるでしょう。

またすでに円も買われ過ぎ気味だということ、そしてドルは空前の売られ過ぎになっている可能性があるということなどを考えると、そういった円高・ドル安阻止の介入も効果が期待できるのではないかと私は思います。(了)

<資料>9・11後の日本の円売り介入



※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ