今週はこう動く! マーケット羅針盤

2011/02/14 12:51エジプト混乱の「最悪シナリオ」とは?

イスラエル孤立化による「第五次中東戦争」、そして「第三次石油ショック」――。2月に入ってから小康を取り戻しているものの、原油価格が90ドルを大きく上回るなどマーケットが一時織り込みかけた「エジプト発最悪リスク」としては、まさにそんなシナリオが浮かび上がってくる。
 
◆第5次中東戦争、第3次石油ショック
ムバラク・エジプト大統領は、1978年のキャンプ・デービッド合意でそれまでの反イスラエル政策の転換を主導したサダト大統領の後継者。そんなムバラク大統領の退陣、後継体制次第では親イスラエル路線変更の可能性が出てきかねない。

1973年の第四次中東戦争を最後にイスラエルとアラブ諸国との間で軍実衝突が起こっていないのは、もちろん上述した1978年のキャンプ・デービッド合意の影響が大きい。その合意が崩壊し、イスラエルの孤立化となれば、中東地域で軍事衝突が再燃し、第五次中東戦争が現実味を帯びかねない。

おり悪く2011年末には、米軍がイラクからの完全撤退を予定している。そのため、依然として世界最大の産油地域である中東の安全保障のバランスはただでさえ大きく崩れかねなかった。そこに、イスラエル対アラブ諸国といった中東最大の軍事衝突リスクを浮上させかねないエジプト混乱が起こったというわけだ。

いったん1バレル=85ドルまで反落していたWTI価格が、一気にこの間の高値を更新して、92ドルまで急騰したのは、1973年の第三次中東戦争を受けた第一次石油ショック、1979年イラン革命を受けた第二次石油ショックに続く、「第三次石油ショック」の織り込みを始めた動きだったのではないか。

2月2日以降の親ムバラク陣営の巻き返しなどから、こういった「エジプト発最悪リスク」はいったん後退し、小康を取り戻した。ただ、今後のポスト・ムバラク体制の展開次第で、「最悪リスク」が甦る可能性も消えてはいないだろう。
 
◆再燃する米金利上がり過ぎ懸念
エジプト混乱の沈静化で、質への逃避の逆流といった面もあって、米国債が売られ、米国債利回り、米長期金利上昇再燃となった。ただ、短期的には金利上がり過ぎ懸念も強く、さらなる上昇余地が次第に限られる状況になりつつあるといえそうだ。

米10年債利回りは、8日には一時3.8%近くまで急伸した。これにより、90日移動平均線からのかい離率はプラス23%程度まで急拡大した。1980年以降で見る限り、90日線からのかい離率がプラス20%以上に拡大したのは今回が4回目。その意味では、この米長期金利上昇は、上がり過ぎの警戒域を超えてきた可能性があるだろう。

ところで、米長期金利が昨年12月に3.5%以上に上昇した時に、90日線からのかい離率はプラス30%以上に拡大した。同かい離率が、プラス30%前後まで拡大したのは、過去30年間でこれが2回目。その意味では、異常な上がり過ぎの可能性があったわけで、ここで米金利上昇が一服し、その後低下に向かったのも納得できるものだろう。

米10年債利回りの90日線は、11日現在で3.0%。このため、かりに今回も90日線からのかい離率がプラス30%まで拡大するなら、米10年債利回りは4%近くまで上昇する計算になる。それにしても、米10年債利回り3.6-4%は、短期的に上がり過ぎ警戒の強いところといえそうだ。(了)
 
【参考リンク】
*注1.米10年債利回りの90日移動平均線からのかい離率
https://www.money-and-money.com/osa/overshootalert.asp?mht1=osa&mht2=L&mht3=3&CODE=USGG10#osatab


※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「今週はこう動く! マーケット羅針盤」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ