現役ファンドマネージャーの"極意!"!!

2017/05/18 16:25標準偏差ボラティリティトレードでトレンド(収益機会)のうねりを取る・米国の株式市場を揺るがすであろうと思われる負の要因

チャートでみるエントリー(新規建玉)とイグジット(手仕舞い)のポイント 標準偏差ボラティリティトレードが依然好調である。現在の相場は循環的なうねりが発生しており、特に4時間足以下のタイムフレーム(4時間・1時間・30分・15分・5分)では収益期待の高い相場が延々続いている。レポートでは紙面分量の関係ですべてを掲載できないが、通貨・株価インデックスの多くの商品で美しい形状のトレンド相場が展開されて...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

プロフィール

講師写真
西山 孝四郎(にしやま こうしろう)
四半世紀にわたり、金融業界で活躍。現在も現役ファンドマネージャー。実際の取引手法を惜しみなく公開する懐の深さは、誰にも真似できません。

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「現役ファンドマネージャーの"極意"!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ