現役ファンドマネージャーの"極意!"!!

2013/07/18 18:51「9月までの為替相場見通しと相場の攪乱要因」

バーナンキ最後の証言は玉虫色 世界中が注目していたFRB議長の議会証言は、6月FOMC会見とほぼ同様の内容となりサプライズはなかった。「資産買い入れは経済・金融動向に左右される。それらは決して既定路線ではない」とややハト派的トーンで、「資産購入の見通しを示さないとリスクが増大する恐れがある。市場はFRBの政策意図を理解し始めている」とQE縮小をマーケットにうまく織り込まれているという感触のようだ...

(続きは当社限定情報となります。)

この続きは、当社にてお取引中のお客様のみお読みいただけます

当社にてお取引中のお客様はこちらから

口座開設はこちらから(無料)

プロフィール

講師写真
西山 孝四郎(にしやま こうしろう)
四半世紀にわたり、金融業界で活躍。現在も現役ファンドマネージャー。実際の取引手法を惜しみなく公開する懐の深さは、誰にも真似できません。

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「現役ファンドマネージャーの"極意"!」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ