マネースクエア マーケット情報

米ドル/円、「130円」下値サポートとなるか

2022/08/05 09:18

【注目ポイント】「130.000円」で下値サポートされるか否か
【シナリオ①】同レートで下値サポートなら、「137.500円」or「140.000円」付近までの上昇も視野に
【シナリオ②】同レート割れなら、「127.500円」付近までの下押しもあり得そう
【“主戦場”(コアレンジ)】「130.000~137.500円」
【“想定戦域”(ワイドレンジ)】「127.500~140.000円」

米ドル/円・週足チャート

先月29日の当レポート(『米ドル/円、“鬼門の8月相場”となるか』)で記載した米ドル/円
先週(7月25日の週)の終値ベースで26週BB(ボリンジャーバンド)・+1σラインを下回ったこと(=上昇バンドウォーク崩れ)、さらには、今週(8月1日の週)時点で相場の転換点を示唆するパラボリック・SAR(ストップ・アンド・リバース)が「売りサイン」へ転換したことから、足もとの米ドル/円下押しフロー主体の相場付きとなっています。(A)

その他メルクマールを確認してみると、1) 26週MA(移動平均線)が右肩上がりであること、2) 遅行スパンがローソク足を上放れる“好転”となっていること、3) ローソク足の下方に分厚い青色雲(=サポート帯、先行スパン)があること、4) BB・±2σラインが収縮する“スクイーズ”になりつつあること、そして5) DMI(方向性指数)で僅かながら+DI>-DIとなり、ADXが右肩下がり推移(上図赤色点線丸印)になりつつあることから、米ドル/円・週足チャートは、下値しっかりの上昇トレンド継続を示唆するチャート形状であると判断します。(B)

よって、単体的なシグナル(A)と総合的なシグナル(B)を概括すると、足もとにおける米ドル/円は、<上昇トレンドが継続する中において、「上昇一服」→「下値固め」の時間帯>であると捉えて良いでしょう。


今後の注目ポイントは、青色雲の上辺である先行1スパンを基準とする「130.000円」(上図黄色矢印および黒色線)で下値サポートされるか否か。

筆者が予想する今後のシナリオは以下の通りです。(シナリオ①、②)


[シナリオ①]
これからの時間にかけて、「130.000円」で下値サポートされた場合は、「下値固め」→「反発フロー」となりそうです。当該ケースでは、「上昇バンドウォーク再開」や「+DI>-DIの乖離拡大」も伴いながら、先週(7月25の週)高値レートを基準とする「137.500円」(上図Ⓐ赤色線)付近、あるいは「140.000円」水準までの上昇も視野に入れるべきでしょう。

[シナリオ②]
一方で、「130.000円」を終値ベースで下回った場合は、「心理的節目割れ」→「もう一段の下押しフロー」となりそうです。当該ケースでは、「下値支持線割れ」や「-DI>+DIへの変化」も伴いながら、約半年間における市場参加者の平均コストを示す26週MAを基準とする「127.500円」(上図Ⓑ水色線)付近までの下押しもあり得そうです。ただし、現時点では青色雲が分厚い形状(=強い下値支持帯)となっていることから、下値余地は限定的と言えそうです。


上記シナリオ①および②を概括すると、当面※の米ドル/円は、「130.000~137.500円」のゾーンを“主戦場”(コアレンジ)、そして「127.500~140.000円」のゾーンを“想定戦域”(ワイドレンジ)とする往って来い主体の相場付きとなりそうです。(※ここでの「当面」は2~3週間程度のスパンを想定しています。)

足もとでは、日本時間本日21時30分に発表される米7月雇用統計の結果が米ドル/円の相場動意となりそうです。

■ファンダメンタルズ材料詳細については、本日の『デイリーフラッシュ』([米ドル/円:市場の注目は米雇用統計に!?])をご覧ください。
津田隆光

執筆者プロフィール

津田隆光(ツダタカミツ)

チーフマーケットアドバイザー

  • 当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。
  • 当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。
  • 当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。
  • 相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。
topへ