市場調査部レポート

2015/04/17 10:46【アウトルック】 様子見が強まるなか米ドル軟調をひきずる可能性も!? 【高金利通貨】 重要イベント続々、NZドル/円はどうなる!?

【アウトルック】 様子見が強まるなか米ドル軟調をひきずる可能性も!?

来週の注目通貨ペア:

米ドル/円↓:119円大台を守り切れれば反発のチャンスも、戻りは鈍そう。<材料>3月耐久財受注(24日)
  
ユーロ/円↑:ギリシャ問題の再燃がなければ、129円に近づく可能性も。<材料>4月独・ユーロ圏ZEW景況感(21日)

豪ドル/米ドル↑:22日のCPI堅調なら、利下げ観測後退から3月高値更新も!?<材料>RBA(豪中銀) 議事録公表(21日)、1-3月期CPI(22日)

トルコリラ/円↓:利下げ圧力は後退したが、政治面で不透明感が残り、軟調が続きそう。<材料>政策金利発表(22日)、4月設備稼働率(24日)

 ◆↑↓は筆者が予想する相場の方向性(あくまで予想であり、結果を保証するものではありません)

【今週のレビュー】米経済指標の下振れなどで米ドルが全面安

今週の為替相場は、米経済指標が市場予想を下回ったことなどから、米ドルが総じて軟調となりました。
米ドル/円は、週初に一時120.80円まで上昇したものの、10日に一時2万円を超えた日経平均が軟調に転じたことや、14日の米小売売上高が市場予想を下回ったこと、IMFが米国の成長率見通しを下方修正したことなどから、15日には一時118円台に下落しました。ユーロは、・・・(後略)

【来週のプレビュー】様子見が強まるなか米ドル軟調をひきずる可能性も!?

来週は、市場の関心が翌週29日の米第1四半期GDPやFOMCにシフトするなか、引き続き米国景気、ならびに米ドルへの信認の揺らぎが目立ち易い一週間になるかもしれません。
IMF(国際通貨基金)は14日に最新の世界経済見通しを公表。ユーロ圏、日本の2015、2016年成長率見通しを・・・(後略)


【高金利通貨】 重要イベント続々、NZドル/円はどうなる!?

NZドル/円は4月14日に90円を割り込む場面がありましたが、再び91円台へと値を戻しています。来週以降、20日のNZ1-3月期CPI(消費者物価指数)や30日のRBNZ(NZ中銀)政策会合といったNZドルにとって重要な経済イベントを控えています。今回は、RBNZの今後の政策金利の行方と、NZドル/円の見通しを考察します。(後略)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ