市場調査部レポート

2015/01/08 15:49【アウトルック】日経平均と米ドル/円、今年はどう動く!? 【高金利通貨】CPI大幅鈍化、トルコ中銀の政策方針は変化するか?

【アウトルック】 トピックス:日経平均と米ドル/円、今年はどう動く!?

◆来週の見通し:経済イベント一巡で、リスクオフ後退気運が剥落する可能性も

米ドル/円ほかクロス円は、欧米経済指標や金融政策の好材料で支えられる形となりました。来週は米の小売売上高、地区連銀景気指数、CPIの発表がありますが、重要経済イベントが相次いだ今週後半に比べやや注目度は低く、・・・(後略)

◆トピックス:日経平均と米ドル/円、今年はどう動く!?

「日米欧の株安連鎖」がリスクオフの重要な要因となっている現状をふまえ、今年の日経平均、米ドル/円の動きについて、過去例から考察してみたいと思います。

2000年以降、過去16回の年末年始で、「大納会と大発会の日経平均の騰落」を調べてみると、・・・(後略)

【高金利通貨】CPI大幅鈍化、トルコ中銀の方針は変化するのか?

昨年12月24日に、トルコ中銀は政策金利を8.25%に据え置くことを決定しました。
声明では、今後の金融政策運営について、「インフレ見通しが大幅に改善するまで引き締め策(高めの金利)を維持する」との方針が改めて表明されました。

インフレに関しては、「原油価格の下落がインフレ率低下を後押しするだろう」との見方が示されました。また、今年の見通しついては、・・・(後略)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ