市場調査部レポート

2014/12/11 15:28【アウトルック】大荒れの米ドル/円、今後も揺れは続くのか!? 【高金利通貨】トルコ中銀、利下げに踏み切る可能性が浮上!?

【アウトルック】 大荒れの米ドル/円、今後も揺れは続くのか!?

足もと、米ドル/円のボラティリティ(変動率)が、徐々に高まりつつあります。
米ドル/円のインプライド・ボラティリティ(通貨オプションの価格をもとに算出される予想変動率)は、直近11日時点で12.5%と、2013年9月5日の13.0%以来の高水準となりました。
(中略)
米ドル/円のインプライド・ボラティリティが、今後「バーナンキ・ショック」時の17.3%に近づくかどうかは定かではありませんが、主要国の対米ドル通貨のなかでも、米ドル/円のインプライド・ボラティリティは足もと際立って高く、・・・・・

【高金利通貨】 トルコ中銀、利下げに踏み切る可能性が浮上!?

12月24日に、トルコ中銀(TCMB)が政策金利を発表します。トルコ中銀は今年1月に政策金利を4.5%から10%へ大幅に引き上げた後、5月-7月までの3会合連続で計1.75%の利下げを実施。以降は、8.25%に据え置いています

今回は、今後のトルコ中銀の政策金利の行方を予想してみます。・・・

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2019.03.22 更新3月29日の合意なき離脱は回避◆ファンダメンタルズ◆<<相場環境>>  3月29日の合意なきブレグジット(英国のEU離脱)は回避されました。ただし、3月25日以降の英議会の対応次第では混迷が…
  • 2019.03.15 更新ブレグジットの命運は3月20日に!?◆ファンダメンタルズ◆<<相場環境>>  3月14日、英議会はブレグジットの期日延期を可決しました。ただし、本当に延期されるのか、どれぐらい延期されるのか、その…
  • 2019.03.08 更新ブレグジットの道筋は見えてくるか◆ファンダメンタルズ◆<<相場環境>>  来週(3/11- )、ブレグジット(EU離脱)に関して英国で動きがみられそうです。後述する議会採決の結果、(1)協定案…
  • 2019.03.01 更新【マンスリー・アウトルック】2019年3月の為替相場展望◆ファンダメンタルズ◆<相場環境> 3月は米国の通商政策が引き続き相場材料に。米中首脳会談で通商協議の最終合意ができるか。欧州との自動車協議や日本との通商協議に…
  • 2019.02.22 更新ブレグジットに進展はみられるかマンスリー・アウトルックは3月1日に配信いたします。◆ファンダメンタルズ◆<<相場環境>>  米中通商協議に進展がみられ、3月1日の対中関税引き上げは延期ないし…

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ