市場調査部レポート

2014/10/16 16:46【アウトルック】世界景気減速で米景気は大丈夫か!?

世界景気の減速懸念が一段と強まっています。「世界景気がどれだけ減速するか」がもちろん重要ですが、同様に、米国景気にどの程度の悪影響が及ぶかという点も重要な鍵を握っていそうです。なぜなら、米国と、日本やユーロ圏(+その他の国)との景況格差および金融政策の方向性の差が、今夏以降のドル高の原動力だったからです。

あくまで、一部の利上げ前倒し観測が後退しただけで、「来年半ば頃の利上げ開始」とのシナリオが大きくは変わらないのであれば、一定期間の調整を経て再びドルが上値を探る動きも出てきそうです。その場合のドル円の下値メドは、7月FOMCの議事録が発表されて利上げ観測が強まった8月20日直前の水準である103円程度でしょうか。
他方、今月のQE(資産購入)終了決定は既定路線としても、その先が完全に白紙になるのであれば、あるいはさらに進んで米国の長期金利急低下が示唆するようなQE再開の観測が浮上するようであれば、ドル相場の方向性から見直す必要が出てくるかもしれません。

幸いにして、米国経済は輸出依存度が低く、・・

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ