市場調査部レポート

2014/10/09 14:17【アウトルック】テクニカル:騰勢弱まる米ドル/円、当面の下値メドは!?

米ドル/円は、米国によるイラク空爆で下落した8月8日以来、21日線(移動平均線)を一度も割り込むことなく推移していましたが、7日には大きく同線を割り込みました。実に、42営業日ぶりの出来事です。

(中略)

短期過熱感・売られ過ぎ感を示す指標として用いられる21日線かい離率は、米ドル/円の場合、通常はプラスマイナス2.5%程度の範囲に収まることが多いのですが、今回はその範囲を大きく超えたことから短期過熱感の高まりが指摘されていました。

21日線を下回ったことで、短期過熱感は一旦終息しそうですが、8月8日以降の上昇トレンドも一旦終息した可能性があり・・・・

(シニアアナリスト 山岸永幸)

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ