市場調査部レポート

2014/09/25 14:59【マンスリー・アウトルック(2014/10)】「オクトーバー・サプライズ」はあるか?

《ファンダメンタルズ》

9月の相場はドルの全面高、円の全面安でした。円安が目立ったのは、出遅れていたドル円が他通貨のドルストレートにキャッチアップしたためと考えられます。

景気や金融政策といったファンダメンタルズからみれば、ドルの相対的な優位性は続きそうです。ただ、足もとまでの上昇ピッチが速かったために、少なくとも短期の調整はあるかもしれません。その場合は、地政学リスクの高まりなど「オクトーバー・サプライズ」が引き金にならないか、注意する必要がありそうです。

トピック:堅調が際立つ米製造業景況感

《テクニカル》

・【ドル円】 下値は週足転換線水準、上値は21日線かい離率+4.4%前後を想定
・【ユーロ円】 下値は先行きの日足先行スパン下限、上値は昨年12月から今年8月の61.8%戻しを想定
・【豪ドル円】 対ドルでの下落に引きずられ、対円でも上値が重い可能性が
・【NZドル円】 選挙終了で、やや安心感。対円では一時年初来高値に戻す可能性も?
・【ポンド円】 スコットランド投票後の180円台示現は、ややスピード違反?
・【トルコリラ円】 ボラティリティ(変動率)が徐々に低下する形。狭いレンジでの保ち合いに終始か?

   ・・・ほか当社取扱全12通貨ペアのテクニカルポイントを解説

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ