市場調査部レポート

2014/09/11 09:04【アウトルック特別版】ドルが6年ぶりに106円超え、今後をどう考えるべきか

ドルがリーマン・ショック直後以来、6年ぶりに106円を超えました。ドルの実効レートは8月以降、上げ足を速めてきました。それは、主に、米国、日本、欧州における景況感の格差や金融政策の方向性の違いが今まで以上に鮮明になったためでしょう。それらを整理しつつ、今後の為替相場について考察しました。

結論を先に述べると、「ドルは上げ足が速かった分、短期的には調整の可能性があり、とりわけFOMCやスコットランドの住民投票など来週のイベントには要注意かもしれない。ただし、景況感や金融政策といったファンダメンタルズはドルをサポートする状況が続くとみられ・・・

※当レポートは、情報提供を目的としたものであり、特定の商品の推奨あるいは特定の取引の勧誘を目的としたものではありません。

※当レポートに記載する相場見通しや売買戦略は、ファンダメンタルズ分析やテクニカル分析などを用いた執筆者個人の判断に基づくものであり、予告なく変更になる場合があります。また、相場の行方を保証するものではありません。お取引はご自身で判断いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ