市場調査部レポート

2014/09/11 09:04【アウトルック特別版】ドルが6年ぶりに106円超え、今後をどう考えるべきか

ドルがリーマン・ショック直後以来、6年ぶりに106円を超えました。ドルの実効レートは8月以降、上げ足を速めてきました。それは、主に、米国、日本、欧州における景況感の格差や金融政策の方向性の違いが今まで以上に鮮明になったためでしょう。それらを整理しつつ、今後の為替相場について考察しました。

結論を先に述べると、「ドルは上げ足が速かった分、短期的には調整の可能性があり、とりわけFOMCやスコットランドの住民投票など来週のイベントには要注意かもしれない。ただし、景況感や金融政策といったファンダメンタルズはドルをサポートする状況が続くとみられ・・・

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2018.07.13 更新貿易摩擦は米欧(EU)間、日米間に拡大も!?各通貨ペアの投資戦略については「Weekly投資戦略ガイド」をご参照ください。原則、毎月曜更新(16日が祝日のため次回は7月17日火曜日)です。◆ファンダメンタ…
  • 2018.07.06 更新貿易戦争はエスカレートするか各通貨ペアの投資戦略については「Weekly投資戦略ガイド」をご参照ください。原則、毎月曜更新(次回は7月9日)です。◆ファンダメンタルズ◆<<相場環境>> 6…
  • 2018.06.29 更新【マンスリー・アウトルック(2018/7)】広がりをみせる「トランプの戦争」の行方― 2018年7月の為替相場展望 ― 《相場環境》トランプ大統領の通商政策が波紋を広げている。一方的な関税賦課や投資規制が報復措置を招いており、世界経済に悪影響…
  • 2018.06.22 更新欧州の結束を揺るがす移民問題各通貨ペアの投資戦略については「Weekly投資戦略ガイド」をご参照ください。原則、毎月曜更新(次回は6月25日)です。◆ファンダメンタルズ◆<<相場環境>> …
  • 2018.06.15 更新米中貿易摩擦、OPEC総会、ECBフォーラム各通貨ペアの投資戦略については「Weekly投資戦略ガイド」をご参照ください。原則、毎月曜更新(次回は6月18日)です。◆ファンダメンタルズ◆<<相場環境>> …

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ