市場調査部レポート

2014/07/24 14:25【アウトルック】中国がFRBに代わって米国債を購入!?

米国の長期金利(10年物国債利回り)が低下(低位安定)している背景を、米国債の需給面から探ってみました。主に以下の3つの要因が指摘できますが、いずれも今後は長期金利を押し下げる力は弱まるとみられます。今すぐではないかもしれませんが、米景気の堅調が続き、長期金利が素直に反応して上昇するようになれば、米ドルも堅調に推移するものと予想されます。

第1に、米国債の供給量の減少があります。財政赤字(≒ネット国債発行額)は・・・

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

  • 2018.05.18 更新注目すべき3つの「金利差」【相場環境】注目すべき3つの「金利差」【米ドル】米ドル/円、“半値戻しは全値戻し”を示現か【ユーロ】ユーロ/米ドル、一旦下げ止まりの可能…
  • 2018.05.11 更新米ドル/円、喫緊の重要ポイント【相場環境】米ドル堅調の背景は主要国の金融政策見通しか【米ドル】米ドル/円、喫緊の重要ポイントは?【ユーロ】ユーロ/米ドル、昨年4月以来となる200日MA割れ【…
  • 2018.04.27 更新【マンスリー・アウトルック(2018/5)】「朝鮮半島の非核化」を横目でみながら・・・― 2018年5月の為替相場展望 ― 《相場環境》5月の重要な相場材料は、朝鮮半島の「非核化」に向けて進展があるかどうか。今年に入って懸念が強まった「貿易戦争」…
  • 2018.04.20 更新日米通商交渉が相場材料に【相場環境】日米通商交渉が相場材料に?【米ドル】米ドル/円、週足レベルでは依然上値が重そう【ユーロ】ユーロ/米ドル、引き続きボックス圏相場が継続しそう【英ポンド…
  • 2018.04.13 更新トルコリラ、金融政策とシリア情勢に注目【相場環境】利上げ継続に自信を深めた米FOMC【米ドル】米ドル/円、喫緊の重要メルクマールは?【ユーロ】ユーロ/米ドル、レンジワーク継続か【英ポンド】英ポンド/…

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ