市場調査部レポート

2014/06/19 12:56【アウトルック】緊迫化するイラク情勢、原油高のドル円への影響は!?

NYMEX(ニューヨーク・マーカンタイル取引所)で取引されているWTI原油先物は、6月13日に1バレルあたり106.91ドル(終値)に上昇、今年の最高値を記録しました。原油先物の終値が106ドルを超えるのは昨年9月以来となります。

今年1月の安値91.66ドルからは約17%上昇し、110ドル台が視野に入る展開となっています。

原油価格の上昇がドル円相場に与える影響について、以下の3つの観点から考察しました。

・・・・・

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ