市場調査部レポート

2014/02/07 14:15【アウトルック】 リスクオフの後退は本物か? イエレン議長証言にも注目

●来週の相場材料(2/10 - 2/14): イエレンFRB議長証言、ドラギECB総裁発言、豪雇用統計など

[レビュー]
今週 2月3-7日は、先週からのグローバルな株価下落の連鎖が週初まで続き、投資家のリスク回避姿勢の継続から円が買われました。ただ、新興市場の動揺はやや行き過ぎとの見方や、欧米株の下げ一巡感台頭により、クロス円は徐々に反発に転じました。ドル円は4日に一時100.75円まで下落した後、徐々に下値を切り上げる形となり、週後半には102円近辺まで戻しました。

「アルゼンチン・ショック」に端を発した世界同時株安、円高の流れは、今週4日にいったん歯止めが掛かった格好です。その日は豪RBA(準備銀行)が政策金利の据え置きを決定し、・・・

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ