市場調査部レポート

2014/01/24 18:15【アウトルック】FOMCは新興国市場の混乱に配慮も!?

●来週の相場材料(1/27-1/31): 新興国市場の混乱は続く!?

[レビュー]
今週1月20-24日の為替相場は、1月28-29日のFOMCを目前に、週央まではクロス円は小動きに終始。IMFの成長率見通しの上方修正や強い経済指標に支えられたポンドが上昇したほか、10-12月期消費者物価(CPI)が上振れた豪ドルも一時上昇する場面がみられました。ただ23日の海外市場で新興国通貨が急落、製造業PMIが強かったユーロを除いて、主要国通貨に対して円は全面高となりました。

21日に発表されたIMF(国際通貨基金)の「世界経済見通し(WEO)」で、英国の成長率は2014年が2.4%(昨年10月発表時から+0.6%ポイント)、2015年は2.2%(同+0.2%ポイント)と大幅に引き上げられました。22日発表の12月失業率も前月から低下し、・・・・

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ