市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2018/05/02 13:10雇用統計はNZ労働市場の堅調さを示唆するも、賃金の伸びの鈍さも示す。NZドル/米ドルは下押し圧力が加わりやすい地合い

[レビュー]

2日東京時間の外国為替市場では、米ドルが小幅反落。一時、米ドル/円は109.59円へと下落し、ユーロ/米ドルは1.2015米ドル、豪ドル/米ドルは0.7508米ドル、NZドル/米ドルは0.7019米ドルへと上昇しました。FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果発表を日本時間明日(3日)早朝に控え、ポジション調整が中心の値動きとみられます。

米格付け会社S&Pは昨日(1日)NY時間、トルコの格下げを発表。外貨建てと自国通貨建ての長期債務格付けをそれぞれ「BB」から「BBマイナス」(外貨建て)、「BBプラス」から「BB」(自国通貨建て)へと1段階引き下げました。格付け見通しは「安定的」です。S&Pは格下げの理由をトルコのインフレ見通しの悪化、そしてトルコリラの下落や大幅な変動への懸念などを挙げました。S&Pの格下げに対し、トルコリラに大きな反応はみられませんでした。


[これからの展開]

NZの1-3月期の雇用統計が本日(2日)発表されました。結果は、失業率が4.4%、就業者数が前期比0.6%増、前年比+3.1%増でした。失業率は昨年10-12月期の4.5%から改善し、2008年10-12月期以来、約9年ぶりの低水準を記録。失業率と就業者数のいずれも、市場予想(失業率:4.5%、就業者数:前期比0.4%増、前年比は予想なし)を上回りました。

労働参加率が昨年10-12月期の71.0%から70.8%と、市場の予想(70.9%)以上に低下しており、失業率の改善は割り引いて考える必要はあるものの、今回の雇用統計はNZの労働市場の堅調さを示したと言えそうです。

雇用統計では一方で、賃金の伸びの鈍さも改めて確認されました。賃金コスト指数は前年比+1.9%と、市場予想の+2.0%を若干下回り、上昇率は昨年10-12月の+1.9%と同じでした。

雇用統計の結果は、東京時間にほとんど材料視されませんでした。その理由として、賃金の伸びが鈍く、RBNZ(NZ準備銀行)の金融政策スタンス(政策金利を当面据え置く)を変化させるほどの結果ではないためと考えられます。

NZドル/米ドルは約3カ月間続いた0.72~0.74米ドルのレンジを下抜け、さらに200日移動平均線も下回りました。足もとの為替市場は米ドルが全般的に強含んでいることに加えて、NZドル/米ドルはテクニカル的にも下落圧力が加わりやすい地合いです。日本時間明日(3日)早朝のFOMCの声明次第では、NZドル/米ドルは昨年11月17日安値の0.6780米ドルに向かう展開になる可能性があります。

NZドル/米ドル(2017/11/1~)

(出所:M2JFXチャート)

(シニアアナリスト 八代和也)

次回の「オセアニア・レポート」は5月7日配信の予定です。

= = = = = = = = = = = = = = = = =
【FXマーケットスクウェア】
FXマーケットスクウェアは、毎日18時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。
※音声にご注意ください。
= = = = = = = = = = = = = = = = =

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ