市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2018/02/07 13:388日早朝にRBNZが政策金利を発表!! 南アでは政治情勢に注目

[レビュー]

7日東京時間の外国為替市場では、円が強含み。一時、米ドル/円は109.26円、ユーロ/円は135.34円、豪ドル/円は86.10円、NZドル/円は79.82円へと下落しました。軟調な米ダウ先物や、日経平均の上げ幅縮小が、円の支援材料となりました。


[これからの展開]

RBNZ(NZ準備銀行)が8日午前5時(日本時間)に政策金利を発表します。今回は、政策金利と声明に加えて、金融政策報告の公表とスペンサー総裁代行の会見が行われます。

政策金利は現行の1.75%に据え置かれそうです。NZの昨年10-12月期のCPI(消費者物価指数)は前年比+1.6%と、7-9月期の+1.9%から上昇率が鈍化しました。

市場は、今回の据え置きをほぼ確実視しています。その通りの結果になれば、市場の関心は声明や金融政策報告、スペンサー総裁代行の会見に移りそうです。

金融政策報告では“政策金利見通し”、声明やスペンサー総裁代行の会見では“NZドルに関する見解”に特に注目。前回(昨年11月)は、政策金利見通しについて、2019年1-3月期まで据え置き、同4-6月期の利上げを想定していることが示唆されました。また、NZドルについては、声明で「NZドルの下落が持続すれば、貿易財インフレを押し上げ、より均衡の取れた成長を促すだろう」と指摘。スペンサー総裁代行は「NZドルは、持続可能な水準に近づいている」と語りました。

想定される利上げ時期が前回から変わる、あるいは声明やスペンサー総裁の発言内容に大きな変化がみられた場合、NZドルが反応する可能性があります。

*******

南アフリカでは、昨年12月に与党ANC(アフリカ民族会議)の党首がズマ大統領からラマポーザ副大統領へと交代しました。その後、ズマ大統領(任期は2019年の総選挙まで)に対して早期退陣圧力が一段と強まっています。

南アフリカ下院のムベテ議長が6日、8日に予定されていたズマ大統領の一般教書演説を延期すると発表。ANCも同日、全国執行委員会(最高意思決定機関)の開催を7日から17日と18日へと変更しました。

ANCのマガシュール事務局長は、全国執行委員会の開催を延期した理由を「ズマ大統領とラマポーザ副大統領が権力移行について前向きな協議を続けるため」としました。

「ズマ大統領は、条件が整えば辞任する」との報道もあるようです。南アフリカランドについては、南アフリカの政局に引き続き目を向ける必要がありそうです。

(シニアアナリスト 八代和也)

= = = = = = = = = = = = = = = = =
【FXマーケットスクウェア】
FXマーケットスクウェアは、毎日18時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。
※音声にご注意ください。
= = = = = = = = = = = = = = = = =

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ