市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート

2018/01/26 15:27トルコ中銀総裁が「必要に応じて追加利上げを行う」と表明。トルコリラは、2月5日発表の CPIが次の相場材料に!?

[レビュー]

26日東京時間の外国為替市場では、米ドルが上昇した後に反落しました。

朝方は、昨日(25日)のトランプ米大統領の「最終的には強い米ドルが望ましい」との発言が支援材料となり、米ドルが堅調に推移。一時、米ドル/円は109.74円へと上昇し、ユーロ/米ドルは1.2370米ドル、豪ドル/米ドルは0.8006米ドル、NZドル/米ドルは0.7292米ドルへと下落しました。

米ドルはその後、反落。一時、米ドル/円は109.24円へと下落し、ユーロ/米ドルは1.2440米ドル、豪ドル/米ドルは0.8055米ドル、NZドル/米ドルは0.7339米ドルへと上昇しました。


[これからの展開]

TCMB(トルコ中央銀行)のチェティンカヤ総裁は25日、ダボス(スイス)での電話インタビューで「TCMBの今年の基本目標は、金融政策の効果を高め、ディスインフレのプロセスを加速することだ」と表明。「インフレ率を可能な限り早急に1桁に抑制するため、必要なあらゆる金融政策措置を講じる」と語りました。

チェティンカヤ総裁はまた、「インフレ見通しが大幅に改善し、目標と一致するまで、引き締め的な金融政策スタンスを断固維持する」と強調。「必要に応じて一段の金融引き締めを行う」と改めて表明しました。

トルコのCPI(消費者物価指数)上昇率は、TCMBのインフレ目標である+5%を上回る状態が続いています。

昨年12月初めに発表された、11月CPI(消費者物価指数)は前年比+12.98%と、2003年以来の強い伸びを記録。TCMBはその後、12月14日の会合で追加利上げを決定。後期流動性貸出金利を12.25%から12.75%へ、0.50%引き上げました。

TCMBは今月(1月)18日の会合では、金融政策の現状維持を決定。後期流動性貸出金利を含め、4つの政策金利をすべて据え置きました。政策金利を据え置いた背景として、CPI上昇率が鈍化したことや、トルコリラが対米ドルで昨年12月の会合以降に反発したことが挙げられます。昨年12月のCPIは前年比+11.92%と、TCMBのインフレ目標を引き続き大きく上回ったものの、11月の+12.98%から鈍化しました。

今年1月分のCPIが2月5日に発表されます。CPI上昇率が再び加速した場合、市場ではTCMBの追加利上げ観測が高まる可能性があります。その場合、トルコリラの支援材料になりそうです。一方で、トルコのエルドアン大統領がTCMBに対して繰り返し利下げを要求しているため、市場ではTCMBの独立性をめぐる懸念が根強くあります。CPI上昇率が加速したとしても、TCMBが追加利上げを行うのは難しいとの見方が広がれば、トルコリラには下押し圧力が加わる可能性もあります。


(出所:トムソン・ロイターより作成)

(シニアアナリスト 八代和也)

= = = = = = = = = = = = = = = = =
【FXマーケットスクウェア】
FXマーケットスクウェアは、毎日18時ごろアップの予定です。

※動画のアップ時間は前後する可能性があります。
※音声にご注意ください。
= = = = = = = = = = = = = = = = =

※当レポートは、投資や運用等の助言を行うものではありません。また、お客様に特定の商品をお勧めするものでもありません。

※当レポートに記載する売買戦略はテクニカル指標その他を基に客観的に判断しているものであり、相場の行方を決定付けるものではありません。最終的な投資判断はご自身の意思判断によりお取引いただきますようお願いいたします。

※当レポートのデータ情報等は信頼できると思われる各種情報源から入手したものですが、当社はその正確性・安全性等を保証するものではありません。

※相場の状況により、当社のレートとレポート内のレートが異なる場合があります。

バックナンバー

「市場調査部エクスプレス オセアニア・レポート」過去記事のタイトル一覧(月別)はこちら。

そのほかのマーケット情報

ページトップへ